コーエーテクモゲームスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモゲームス、代表のシブサワ・コウ氏が大河ドラマ「...

コーエーテクモゲームス、代表のシブサワ・コウ氏が大河ドラマ「真田丸」への技術提供・監修を担当 フル3D全国一枚マップのCG技術をNHKに提供

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コーエーテクモゲームスは、同社のゼネラル・プロデューサーであるシブサワ・コウ氏(本名:襟川陽一、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長)が、2016年1月10日より放送開始となる大河ドラマ「真田丸」への技術提供・監修を行うことが決定したと発表した。

同社の代表作の一つである歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズ。その30周年記念作品『信長の野望・創造』で使用している、戦国時代の日本を表現した「フル3D 全国一枚マップ」のCG 技術を日本放送協会(NHK)に提供し、『真田丸』で戦況説明の映像表現として活用されるという。


■コーエーテクモゲームス
 

コーポレートサイト


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモゲームス

企業情報(株式会社コーエーテクモゲームス)

会社名 株式会社コーエーテクモゲームス
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 1978年7月
代表者 襟川 恵子/襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高309億2400万円、経常利益155億2300万円、最終利益18億2000万円(2019年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事