スカイランドベンチャーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム資金調達記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > スカイランドベンチャーズ、VR、人工知能、動画コミュニケーシ...

スカイランドベンチャーズ、VR、人工知能、動画コミュニケーション、スマートロボットなど新分野に取り組むスタートアップへのシード投資を拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

シードスタートアップに特化したベンチャーキャピタルであるスカイランドベンチャーズは、1月4日、VR、人工知能、動画コミュニケーション、スマートロボットなどインターネット領域におけるスタートアップへのシード投資を拡大すると発表した。

2015年後半は6社の新規スタートアップへの投資を行ったほか、Skyland Ventures2号投資事業有限責任組合を設立し、総額12億円($10M)の資金規模のベンチャーキャピタルファンドより、シードスタートアップへ新規に30社への投資活動を行う、としている。2016年より2年以内にSkyland Venturesからの日本国内の累計投資社数は50社となる見込み。

(投資先について)
VR:Fictbox (CEO:加藤 直人)
人工知能:Liaro Inc. (CEO:花田 賢人)
動画コミュニケーション:Popshoot  (CEO:大山敏浩)、Modecas(CEO:齊藤 祐輔)
パーソナルロボット:DOKI DOKI, INC.  (CEO:井口尊仁)
メディア:ConU Inc.(CEO:伴貴史)

また、同ファンド以降のSkyland Venturesのメインの投資スタイルはシードラウンドによる1500万円の投資と、500~5000万円の追加投資となるという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事