任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(1/6)】円高とSMBC日興の格下げを嫌気し...

【ゲーム株概況(1/6)】円高とSMBC日興の格下げを嫌気した任天堂が大幅安 ガンホーとKLabは安値更新 ポールHDとフォーサイドが逆行高

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
1月6日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続落し、前日比182.68円安の1万8191.32円で取引を終えた。前日までの中国景気と中東の地政学リスクへの懸念に加え、新たに北朝鮮の水爆実験の実施により、さらにリスク回避の動きが強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場同様に売り優勢の展開となった中で、任天堂<7974>の下げがきつい。任天堂は為替の円高推移が嫌気されたほか、SMBC日興証券が投資判断を「2」から「3」に格下げし、目標株価を1万8000円から1万4000円に引き下げたことが売り材料となった。

また、ガンホー<3765>とKLab<3656>が年初来安値まで売られたほか、アエリア<3758>も大幅安した。

半面、バンダイナムコHD<7832>やエイティング<3785>が堅調に推移したほか、周辺株ではポールトゥウィン・ピットクルーHD<3657>とフォーサイド<2330>が強さを見せた。

ポールHDは、いちよし証券がフェアバリューを1600円から1700円に引き上げたこと、フォーサイドは、子会社フォーサイドエンタテイメントがスマートフォン向け次世代SNSアプリ「Catchboard」のサービスを3月1日から正式に開始すると発表したことがそれぞれ材料視されたもようだ。

なお、子会社シンラ・テクノロジーの解散と特損の計上を発表したスクウェア・エニックスHD<9684>は、発表後にやや売られる展開となったものの、下げ幅は小幅にとどまった。

【関連記事】
スクエニHD、クラウド・プラットフォーム事業を手掛ける子会社シンラ・テクノロジーの解散を決定…特別損失として約20億円を計上


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

企業情報(ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス)

会社名 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス
URL http://www.poletowin-pitcrew-h
設立 2009年2月
代表者 橘民義(会長)、 小西直人(社長)
決算期 1月
直近業績 売上高138.79億円、営業利益21.44億円、経常利益22.90億円、当期純利益12.05億円(2014年1月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3657

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事