ファントム オブ キル(ファンキル)、gumi、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【発表会】六本木の中心で藤原竜也が叫んだ…!! 『ファント...

【発表会】六本木の中心で藤原竜也が叫んだ…!! 『ファントム オブ キル』の前日譚を描いたコンセプトフィルム完成披露試写会を取材

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


Fuji&gumi Gamesは、4月7日(木)、六本木ヒルズアリーナにおいて、コンセプトフィルム「ファントムオブキル― ZEROからの反逆―」の完成を記念した、完成披露試写&レッドカーペットイベントを開催した。当日は、藤原竜也さんをはじめとする出演者や関係者がレッドカーペットに登場。また、コンセプトフィルムのプレミアム上映及び、トークイベントやでんぱ組.incによる主題歌なども初披露された。本稿では、イベントの模様をお届け。
 

「プロジェクトZERO」特設サイト

 

 

■知られざる『ファンキル』の世界観を豪華出演者が彩る


『ファントム オブ キル』は、“戦略性×ドラマ”をコンセプトにした、本格シミュレーションRPG。自らの一手で戦況が変わる白熱の3Dバトルと、伝説の武器の名を持つ謎の少女達とのドラマティックなストーリーが楽しめる。300万ダウンロード突破したほか、アプリストアのトップセールスでも過去TOP10にランクインするなど、リリースから1年半経過した今なおスマッシュヒットを記録し続けている。

そして今回の新たな企画となる「プロジェクトZERO」は、“キル姫の誕生に隠された秘密”や“彼女たちが背負う戦いの宿命”など、これまで明かされていなかった『ファントム オブ キル』の前日譚を、ゲームの大型アップデート、コンセプトフィルム、VR体験の3つの切り口で描いていくプロジェクトである。なかでもコンセプトフィルム「ファントム オブ キル ― ZEROからの反逆― 」では、主人公【ゼロ】役の声優を藤原竜也さんが担当することでも話題を呼んだ。

完成披露試写会では、あいにくの雨のなかにも関わらず、抽選に選ばれた100名以上の一般の方が来場。出演者は、レッドカーペットに乗り付けた大きな白いリムジンから登場するなど、さながら雰囲気は大作映画の発表会規模に。


▲でんぱ組.inc(左から夢眠ねむさん、相沢梨紗さん、古川未鈴さん、藤咲彩音さん、最上もがさん、成瀬瑛美さん)

 


▲右から声優の阿澄佳奈さん、ゆかなさん、『ファントム オブ キル』プロデューサーの今泉潤氏、塩谷直義監督

 


▲藤原竜也さん


豪華出演陣が登場し、それぞれコンセプトフィルム「ファントム オブ キル ― ZEROからの反逆― 」に対する思いについて語ってくれた。藤原さんは、「こういう作品に携わることは今まで無かったが、かつてないスケールでお届けできるのではないかと思う。もはや映画と言ってもいい」と絶賛した。

ゲームから引き続き声優を務めた阿澄さんとゆかなさんは、「ゲームでは描かれなかったキャラクターたちの葛藤が描かれています。まさかこういう展開になるとは…」とふたりとも台本の段階から思わぬ展開に差し掛かった同作に驚いている様子だった。でんぱ組.incは、「私たちは雨女気質なところもあるので、今日はあいにくの天気になってしまいましたが、多くの方々が集まって嬉しく思います。また、リリース当初から関わらせていただいた私たちとしては、新たな展開を迎える『ファンキル』に楽しみしています」とコメント。

コンセプトフィルムの監督を務めた塩谷さんは、映像が昨日の朝に完成したことを報告。「皆さんに素晴らしいものを見ていただくために、スタッフ一同ギリギリまで粘って作りました。ぜひ、楽しんでいただければと思います」と言葉を添えた。

ここで、コンセプトフィルムの上映会に移った。コンセプトフィルムは『ファントム オブ キル』の前日譚として、“なぜキル姫は生まれたのか?”“なぜ戦いつづけなければならいないのか”などを焦点に、物語のはじまりが描かれている。監督を務めるのは、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」などを手掛けた塩谷監督、制作はProduction I.Gが担当。

企画・原案を務めた今泉氏は、「今日はあいにくの雨ですが、じつはコンセプトフィルムも雨のシーンから始まります。また、映像も塩谷監督が描くダークな色味などを表現しており、そういう意味では今日が雨でも最高のシチュエーションです」とプラスに捉えてコメント。「コンセプトフィルムは今までの集大成的な作品。これを機会に興味を持っていただければと思います」と続けた。
 

 
▲上映会に際して、ティルフィング役の雨宮天さん、ロンギヌス役(劇中では役名:研究員)の花澤香菜さんからのビデオメッセージが流れた。以前、花澤さんは今泉氏と「アニメ化したらいいですね」という話をしており、それが今回の映像化のきっかけにも繋がったことを明かし、「願望は言っておくべきですね(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントした。
 


コンセプトフィルムの詳細は語れないが、『ファントム オブ キル』の前日譚が分かるだけではなく、塩谷監督とProduction I.Gによるド派手な戦闘シーンは手に汗握る。また、全体的に暗く赤を基調とした色味、荒廃した東京など、目を見張る美術・造形も特徴的だった。上映時間は20分ほどだが、かなり内容も濃かった。

 

■藤原さんVRに大興奮 思わず「ゼローッ!」とシャウト

 



上映会終了後、出演者それぞれが感想を述べた。藤原さんは、完成した映像を当日初めて観たとのことで、「非常にクオリティが高い。僕が演じたゼロは、とても強いキャラクターという設定ですので、その雰囲気に助けられたところもあり、ラッキーな役をもらったなと思いました」とコメント。

また、アフレコを藤原さんと一緒に行ったゆかなさんは、「(藤原さんが)声を枯らしながらも体当たりで演技されていて、とても格好いい映像になったと思います」と語った。収録中は、ゆかなさんが藤原さんの喉を気遣い、龍角散ののど飴をあげたエピソードも披露し、「必死でしたが、その中でも楽しませてもらいました」と藤原さんもアフレコを振り返った。

一方で、『ファントム オブ キル』というスマホゲームを原作に持つ作品の映像化に関して、塩谷監督はどういう部分に気を配ったのだろうか。ゲーム本編では、女性キャラクターが中心かつファンタジーの世界観が特徴的な同作ということもあり、当初塩谷監督は「何で僕のところに来たのかな?」と疑問に思っていたという。

しかし、今回の「プロジェクトZERO」では、荒廃した東京やダークな世界観が描かれることを今泉氏から聞くと、「自分が得意な土俵。ダークな世界観に落とし込んで行きました」と制作におけるこだわりを語ってくれた。また、ゲーム本編では妖精の姿であるデュリン(劇中では役名:ヴァリン)はチョコレート好きなのだが、実際にコンセプトフィルム上にもチョコレートが置かれているシーンなど、細かい配慮を行ったという。

そして「プロジェクトZERO」では、ゲームの大型アップデートとコンセプトフィルムに加え、VRコンテンツも用意している。VRでは、『ファントム オブ キル』の地上世界の中に入り込んだような感覚になれるバーチャルリアリティーを体験できる。襲ってくる魔獣から逃れるために、ZEROの名前を叫ぶといったユニークな内容だ。
 


▲当日は、実際に藤原さんもVRコンテンツを体験。終始「すごい、すごい!」と大興奮で、最後には「ゼローッ!!」と自らが演じた役名をシャウトした。


▲VR体験を終えたばかりの藤原さん。「いや、すごいわ……。今まで触れたことのないエンターテインメント。言葉にならない。けど、これは面白い。時代は変わるものですね。ぜひ皆さんにも体験してほしい」と興奮冷めやらぬまま思いの丈を語った。


なお、「プロジェクトZERO」のVR体験は4月9日(土)・10日(日)11:00~18:00、渋谷PARCO公園通り広場でも実施される。

発表会の最後には、今泉氏のコメントで締めくくられた。「「プロジェクトZERO」は、“0%からの希望”“抗い”などをテーマにしています。今日はあいにくの雨で心が折れそうでしたが、そういう意味では、このコンセプトフィルムともマッチしているのではないでしょうか。リリースから1年半、『ファンキル』がここまで広がりを見せるとは思いませんでした。今後も頑張っていきます」
 


▲発表会の最後には、でんぱ組.Incのスペシャルライブ。初披露となるコンセプトフィルムの主題歌「Truth of ZERO」に加え、お馴染みの「Phantom of the truth」の2曲を演奏。



(取材・文:編集部  原孝則)



■VR EXPERIENCE INFORMATION
魔獣たちが蔓延る、荒廃したトウキョウを体感せよ!
『ファントムオブキル― SHOUT ZERO VR ―』開催

『ファントムオブキル』の地上世界の中に入り込んだような感覚になれるバーチャルリアリティー体験。襲ってくる魔獣から逃れるにはZEROに助けを求めるしかない。腹の底からZEROの名前を叫べ!

【開催概要】
日時:2016年4月9日(土)-10日(日) 11:00~18:00 (仮)
会場:渋谷PARCO公園通り広場
詳細はスペシャルサイトにて公開中。
⇒ http://lp-pk.fg-games.co.jp/project_zero/vr/

イメージ図


■5大都市ツアーINFORMATION
プロジェクトZERO五大都市ツアー申し込み開始!

東京でのレッドカーペットイベントだけでなく、全国5都市でコンセプトフィルムの試写会イベントを実施。当日はフィルムの上映だけでなく、運営陣のトークショーやVRも体験できる。

名古屋4/16(土)17:00-18:30
会場:イオンシネマ名古屋茶屋
250名様をご招待! 締め切り~4月7日(木)23:59

大阪4/17(日)12:00-13:30
会場:梅田ブルク7
350名様をご招待! 締め切り~4月7日(木)23:59

札幌4/23(土)17:00-18:30
会場:ユナイテッドシネマ札幌
200名様をご招待! 締め切り~4月14日(木)23:59

福岡5/14(土)14:00-15:30
会場:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
350名様をご招待! 締め切り~4月14日(木)23:59

東京近日公開!

応募はこちらから
⇒ http://lp-pk.fg-games.co.jp/project_zero/film/#tour

【関連記事】
【インタビュー】大胆不敵に生まれ変わる『ファントム オブ キル』の全貌に迫る 往年のシミュレーションRPGの要素を尊重した新コンテンツにも注目



■『ファントム オブ キル』
 


© 2014 Fuji&gumi Games, Inc. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumiFuji&gumi Gamesファントム オブ キル(ファンキル)

企業情報(株式会社Fuji&gumi Games)

会社名 株式会社Fuji&gumi Games
URL http://fg-games.co.jp/
設立 2014年1月
代表者 種田 慶郎
決算期
直近業績 未開示
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事