スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2016】本戦出場をかけた予選がついに開幕…東...

【SPAJAM2016】本戦出場をかけた予選がついに開幕…東京A予選の最優秀賞は「おおさき温泉同好会」に決定! 予選参加者も絶賛募集中!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンアプリジャム 2016 実行委員会とモバイル・コンテンツ・フォーラムは、4月9日~10日、「SPAJAM2016」最初の予選となる東京A会場での予選を開催した。専門学校生や大学生、社会人など多様な合計10チームが参加し、熱戦の末、「おおさき温泉同好会」(写真)が最優秀賞を獲得し、本選への出場権を獲得した。

イベントの冒頭、「だれでも活躍できる」というテーマが発表となり、SPA(温泉地)で開催される本選出場権を目指して熱い戦いが繰り広げられた。SPAJAM2016では、バンダイナムコエンターテインメントからの画像・音楽素材提供に加え、アルプス電気、テックウインドからモジュールの提供を受け、それと連携したアプリの開発も可能となった。オープン・イノベーションを実現する参加者全員のアイデアソンからはじまり、ハッカソンにおいて開発された様々なアプリが発表された。審査は、テーマ性、ユニークさ、実装力、プレゼン力の項目で行われたという。


東京 A 会場
チーム名: おおさき温泉同好会
アプリ名: ニアエル
チームメンバー: 石井純平氏、清田侑氏、真野隼記氏、山本力世氏、小川達氏
アプリの内容:
活躍したい人と活躍して欲しい案件を持っている人をスマートフォンの近距離無線通信を利用してマッチングさせるアプリを開発。基本は駅や街ですれ違った人をマッチングさせるものだが、特筆すべきは、スマートフォン同士だけでなく、近距離無線通信機能をもったデバイスでの利用も想定した点で、利用者はデバイスを駅の改札や待ち合わせ場所に置くことにより多くのマッチングを活性化させることができる。
さらに利用例としてBarのキープしたボトルに掛けるネームタグを 3Dプリンタで自作し、ボタン電池で半年間保つなどの検証と共に実物でプレゼンをおこない、実装力を含め総合的に高い評価を得た。また具体的な利用例から実現性の高さを示したことが審査員の評価を得られることとなった。
他にも優秀賞として「チームやまさき」(代表:山崎 輝飛氏)、「Attack on Sukeshni」(代表:山根 淳平氏)、「どよめきサタデイ」(代表:三浦 和真氏)の 3 チームが表彰された。最優秀賞に加えて、全国の予選で優秀賞となったチームから最大2チームが、全国の予選に出場した学生チームの中から学生枠として1チームが選出されて本戦出場権を獲得する。


【審査員】
秋田 光生 氏 ソフトバンク株式会社 +Style パートナーアライアンス
うさいち 氏 株式会社コロプラ
島村 友造 氏 株式会社サイバード シニアエンジニア
三淵 啓自 氏 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科 専任教授
 


【出場チーム(開発アプリ)】
「Attack on Sukeshni」(Bloom)
「kosen10s/F」(Sonoba)
「kosen10s/S」(Nicebox)
「TECH.C.」(Event Man)
「おおさき温泉同好会」(ニアエル)「しゅがぴっぴ」(サラシモノダイエット)
「人工知能オリンピックチーム」(花粉ブロック)
「ソロモンの輪」(タイムシェアリング)
「チームやまさき」(Paark)
「どよめきサタデイ」(tabet)


なお、SPAJAM 2016の予選は、今後、全国6地域8会場(札幌、仙台、東京 B、東京 C、東京 D、東海、大阪、福岡)で行われる。参加チームを募集しているので、興味のある方は公式サイトを参照のうえ、奮って応募してほしい(ちなみに、東京B会場の募集は締め切りとなった)。予選参加者には、特製 SPAJAM2016 ステッカーがプレゼントされる。


 
■関連サイト
 

SPAJAM2016

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事