ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ、バンダイナムコエンターテインメント、Google Play、App Store、LINEに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > LINEとバンナム、『ジョジョの奇妙な冒険SS』を台湾、香港...

LINEとバンナム、『ジョジョの奇妙な冒険SS』を台湾、香港、マカオ、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポールで提供開始

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

LINEは、この日(5月16日)、バンダイナムコエンターテインメントより配信中のメダルシューティングバトルゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』(開発:ドリコム<3793>)を台湾、香港、マカオ、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポールでリリースしたと発表した。両社は、『ONE PIECE トレジャークルーズ』の一部海外展開でも協力しており人気を博だが、これに続くヒットタイトルになることが期待される。

本作は、TVアニメでおなじみの各キャラクターが「ユニットメダル」として登場し、メダルを撃ち、敵のユニットにぶつけて攻撃する新感覚のメダルシューティングバトルゲーム。メダルの移動中にタップで発動するコマンドスキルを駆使することで追加攻撃が可能で、タップするタイミング次第で敵へのダメージが変化する戦略性を楽しめまるコマンドスキルには、各キャラクターのスタンドを使った「スタンド攻撃」もあり、“爽快でド派手なバトル”は必見だ。

ゲーム進行はTVアニメのストーリーを体験することができ、バトルやストーリーから「ジョジョの奇妙な冒険」の世界観が堪能できる。また、LINEの友だちを誘うことで、友だち同士で連携して遊べる楽しさもLINEプラットフォームならではの魅力の一つとなる。

今回、バンダイナムコエンターテインメントが展開中の世界的に人気の高いキャラクターIP(知的財産)のコンテンツと、LINEが保有するグローバルにおけるユーザー基盤を組み合わせ、日本発の良質なゲームコンテンツとしてLINEのゲームプラットフォーム「LINE GAME」を通じて海外のユーザーに配信し、両社の海外における事業展開を一層加速させていく、としている。




(c)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
(c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコエンターテインメントドリコムLINE

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事