スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2016】東海予選の最優秀賞は「お茶ウォッ茶」...

【SPAJAM2016】東海予選の最優秀賞は「お茶ウォッ茶」を開発したUDONKOAPPSに決定! 仙台、東京D、福岡の予選の参加者も引き続き募集中!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンアプリジャム 2016 実行委員会とモバイル・コンテンツ・フォーラムは、5月21日~22日、SPAJAM2016東海予選を開催した。大学生、社会人らの多様な合計12チームが参加し、激戦の末、「お茶ウォッ茶」を開発したUDONKOAPPSが最優秀賞を受賞し本選への出場権を獲得した。

イベントの冒頭、「日本食を好きになる」というテーマが発表され、SPA(温泉地)で開催される本選出場権を目指して熱い戦いが繰り広げられた。オープン・イノベーションを実現する参加者全員のアイデアソンからはじまり、ハッカソンにおいて開発された様々なアプリが発表された。審査は、テーマ性、ユニークさ、実装力、プレゼン力の項目で行われたという。

 
チーム名: UDONKOAPPS
アプリ名: お茶ウォッ茶
チームメンバー: 近藤 英介さん、近藤 秀彦さん、逢坂 隆司さん
アプリの内容:iPhone を茶碗、AppleWatch を茶筅に見立て、音声でガイドしながら「茶の湯」の作法を疑似体験できるというアプリを開発。日本茶は海外でもヘルシーでカジュアルな飲料として人気が高まっているなか、茶の湯の精神が持つ文化的側面から日本食を好きになってもらうというコンセプトや、AppleWatchと iPhone との画期的な活用方法、ユニークなプレゼンが素晴らしく、WatchKit と Cocos2d-xとの連携を実現した点が技術的にも高く評価されました。各地から参加者が集まった東海予選の中で、見事地元出身のメンバーによるチームが最優秀賞に選ばれました。



他にも優秀賞として「モンダイ」(代表:藤原 義史さん)、「EIYA」(代表:行田 尚史さん)、「NSLog("Hello World!")」(代表:服部 魁人さん)の 3 チームが表彰された。全国の予選で優秀賞となったチームから最大 2 チームが、全国の予選に出場した学生チームの中から学生枠として1チームが選出されて本戦出場権を獲得する。


【審査員】
浅野 仁志 氏 トライステージ(個人事業) 代表
石井 洋平 氏 株式会社ドワンゴ モバイル事業本部長
石川 俊司 氏 ソフトバンク株式会社 プロダクト本部 戦略・企画統括部 担当部長
大和田 将平 氏 株式会社サイバード コンテンツ事業本部
キャラクターIP 事業部 事業部長
海崎 惇志 氏 タイムカプセル株式会社


【出場チーム(開発アプリ)】
「$Line」(きゃわ飯!)
「EIYA」(HAI! TAISHO!)
「GuRa☆Family」(JapJapFood)
「newbie$」(いっただっきま〜す!)
「NSLog("Hello World!")」(iBento)
「UDONKOAPPS」(お茶ウォッ茶)
「じゃがバタ」(フードストライク 和)
「チームさるぼぼ」(旬汁旬菜)
「ドデカミンストロング」(耳をすませば)
「モンダイ」(旬撮)
「温泉行きたいヨォ~^O^」(そうめんをつかめ!?)
「市川電産」(美味彩才)
 


今後開催される全国 4 地域(札幌、仙台、東京 D、福岡)の予選のうち、札幌を除く 3 地域では参加チームを募集中(札幌予選は締切)。予選参加者には、特製 SPAJAM2016 ステッカーをプレゼントする。


 
■関連サイト
 

SPAJAM 2016

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事