スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【SPAJAM2016】「みまもん」を開発したFUNKeyが...

【SPAJAM2016】「みまもん」を開発したFUNKeyが札幌予選の最優秀賞に! 東京D予選の参加者も引き続き募集中!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンアプリジャム 2016 実行委員会とモバイル・コンテンツ・フォーラムは、5月28日~29日、SPAJAM2016札幌予選を開催した。大学生、社会人らの多様な合計10チームが参加し、激戦の末、「みまもん」を開発したFUNKeyが最優秀賞に輝いた。

イベント当日、「勉強」というテーマが発表され、SPA(温泉地)で開催される本選出場権を目指して熱い戦いが繰り広げられた。オープン・イノベーションを実現する参加者全員のアイデアソンからはじまり、ハッカソンにおいて開発された様々なアプリが発表された。審査は、テーマ性、ユニークさ、実装力、プレゼン力の項目で行われたという。

 
札幌会場
チーム名:
FUNKey

アプリ名:
みまもん

チームメンバー:
矢野 颯太さん、永井 智大さん、兵藤 允彦さん、工藤 卓也さん、河辺 雅史さん

アプリの内容:
「IoT で勉強机をハックして、ママの悩みを解決しよう!」をテーマに、親子間の勉強に対する意識の違いに着目。
勉強机の下に引くマットに Intel Edison と感圧センサーを設置することで取得できた感圧情報をサーバーに格納して管理することで、親のスマホで子供に気付かれずに勉強時間を監視することができるというもの。子供が勉強しているかどうかを子供に気付かれずに確認できる点などが特徴、子供の勉強傾向を把握できるアプリを開発した。
勉強というテーマに沿ってしっかりしたコンセプト・ストーリーがあり、アプリ画面や世界観もしっかりしていた点が審査の決め手となった。また、ユニークなプレゼンが素晴らしく、センサー連携・サーバー連携を実現した技術力、さらには完成度が高評価を受けた。


他にも優秀賞として「八階漁業部」(代表:村元 直幹さん)、「チーム札幌猫図鑑」(代表:溝口 義一さん)、「IMPACT」(代表:会津 慎弥さん)の 3 チームが表彰された。全国の予選で優秀賞となったチームから最大 2 チームが、全国の予選に出場した学生チームの中から学生枠として1チームが選出されて本戦出場権を獲得する。


【審査員】
神谷 義孝 氏 ソフトバンク株式会社 +Style ものづくりサポーターズ
竹村 克也 氏 株式会社富士通システムズ・イースト IT ソリューション本部クラウドソリューション事業部 セキュリティソリューション部 プロジェクト部長
田﨑 勇二 氏 ネオス株式会社 開発本部 シニアマネージャー
新川 はるか 氏 株式会社サイバード ゲーム事業本部 ラブ&スマイルスタジオエグゼクティブ・プロデューサー


【出場チーム(開発アプリ)】
「BLACK HAWKS」(ぱん屋さん)
「FUNKey」(みまもん)
「IMPACT」(Friends Q)
「jobi 女子+今井」(Me て知る!)
「スーパーJAM おじさん」(ビシッと集中!ゆにたいむ)
「チーム札幌猫図鑑」(アプリ札幌猫図鑑)
「ライスマウンテン」(合格祈願)
「ラドン」(UMA de ご飯!!)
「八階漁業部」(ぼっち面接)
「留年達」(INGA)

 


今後開催される全国3地域(仙台、東京 D、福岡)の予選のうち、東京Dのみ参加チームを募集中。予選参加者には、特製 SPAJAM2016 ステッカーをプレゼントする。


 
■関連サイト
 

SPAJAM 2016

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)スマートフォンアプリジャム(SPAJAM)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事