Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(8/12)】1Q決算の内容を好感し、DeNA...

【ゲーム株概況(8/12)】1Q決算の内容を好感し、DeNAが大幅続伸 『ログレス』の中国本土配信開始でAimingも後場急騰 ネクソンは2Q決算を嫌気

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
8月12日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比184.80円高の1万6919.92円で取引を終えた。海外市場高に加え、為替が1ドル=102円台前半まで円安に振れたことや、4~6月決算が進み、企業業績の観点からも懸念が薄れたことで朝方から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、8月10日に第1四半期決算を発表したDeNA<2432>が大幅続伸した。DeNAは、発表された決算内容が市場の想定を上回ったとの見方から評価を高める格好となっている。

【関連記事】
【DeNA決算説明会②】任天堂との協業は「今年度中に『Miitomo』を含む5タイトル」(守安社長)リリース ゲーム事業は日本と中国で新作が寄与
【DeNA決算説明会①】「『ポケモンGO』のヒットに勇気づけられている」(守安社長) 任天堂との協業は既存のスマホゲームの枠を超えるヒットを狙う
 

また、中国語・簡体字版『剣と魔法のログレス いにしえの女神』のiOS版を配信開始したとの発表(関連記事)を受け、Aiming<3911>が後場に入って大幅高したほか、モブキャスト<3664>やミクシィ<2121>、ドリコム<3793>、マーベラス<7844>なども買われた。

半面、ネクソン<3659>は8月10日に発表した第2四半期決算が営業益で49%減となるなど大幅減益となったことを嫌気して大幅反落し、任天堂<7974>やオルトプラス<3672>、モバイルファクトリー<3912>なども安い。

【関連記事】
ネクソン、第2四半期の営業益は49%減の170億円で着地…引き続きgloopsの減損で、中国での『アラド戦記』は引き続き好調


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Aimingディー・エヌ・エー(DeNA)

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事