Pokémon GO(ポケモンGO)、ゲームエイジ総研に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲームエイジ総研調査】『ポケモンGO』現役プレイヤー数は1...

【ゲームエイジ総研調査】『ポケモンGO』現役プレイヤー数は1040万人・男女比6:4と推計 他アプリのプレイ時間を減らした・やめたのは385万人

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームエイジ総研は、8月18日、8月上旬に『ポケモンGO』のクイックサーベイを行い、現役プレイヤー数は1040万人との推計結果を発表した。男女比は6:4となっているという。また、385万人のプレイヤーがすでに遊んでいるゲームアプリのプレイタイムを減らすもしくはやめたなどの影響が出たとのこと。

7月22 日に国内でローンチを果たした『ポケモンGO』は国内スマホアプリ最大規模の認知とプレイヤーを瞬時に獲得し、社会現象になるほどのブームを巻き起こた。しかし、その後の報道ではプレイヤー数の減少や市場規模の縮小等が伝えられるなど、『ポケモンGO』の今後に関して様々な声があがっている。

ゲームエイジ総研では『ポケモンGO』の動向を正確に把握するため、同社の提供する国内スマホゲームユーザー調査サービス「ZoomApp」の調査対象者に追加調査を実施し、その集計分析結果をまとめたという。

以下、調査結果の一部抜粋となる。

『ポケモンGO』のユーザーマーケット状況
2016 年7 月最終週における、『ポケモンGO』認知者は2,874 万人。そのうち現役プレイヤー数は1,040万人(36%)と推計される。現役プレイヤーの男女比は6:4。かつて携帯ゲーム機でポケモンを遊んだ20 代前半の初代ポケモン世代が中心層である。40 代の人口規模(約143 万人)も大きく、これは子供と一緒にプレイする親世代と考えられる。2 週目で脱落したユーザーは約129 万人。興味があるが未だプレイしていないユーザーは約600 万人で、30 代から40 代にかけ、比較的高年齢層に広がる。
 



ゲームアプリのプレイタイムシェアの変化
『ポケモンGO』をプレイし始めた事により、「プレイをやめたゲームがある」ユーザーは126 万人。「プレイ時間を減らしたゲームがある」ユーザーは259 万人で、合計385 万人が、今まで遊んでいたゲームに何らかの影響があったと回答した。どちらも20 代後半の人口規模が目立つが、特に40 代前半ユーザーは、夏休み時期と重なり、子供と一緒に行動するなど、『ポケモンGO』に時間を取られたユーザーが多かったと考えられる。
 

このほか、以下の調査も行っている。興味のある方は、ゲームエイジ総研に問い合わせてほしい。

■『ポケモンGO』調査項目
・情報を得た時期
・プレイ状況(継続、離脱)
・プレイレベル
・他ゲームアプリのプレイ率への影響
・プレイを始めた理由
・まだプレイしていない理由
・プレイしてみて良かった点
・プレイして良くなかった点
・課金状況
・今後のプレイ意向
・ダウンロードまでにどのように情報を得ていたか
・アップデート版や次回作がリリースされるとしたらプレイしてみたいか
・今後の展開に期待すること


■参考データ「ZoomApp」より最新データをご提供
・認知率推移
・プレイ率推移
・主要接触媒体
・情報拡散行動


■価格/仕様
・価格 30,000 円(税別)
・仕様 PDF ファイル形式


ご購入/お問い合わせは information@zoomapp.jp まで。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Pokémon GO(ポケモンGO)ゲームエイジ総研

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事