_、エイベックス・ピクチャーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Wake Up, Girls! 3rdツアー最終公演をレポー...

Wake Up, Girls! 3rdツアー最終公演をレポート…生バンド演奏や新曲披露などサプライズ多数、新たなタイアップやイベントも決定しさらなる高みへ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


エイベックス・ピクチャーズは、この日(8月28日)、人気声優ユニット「Wake Up, Girls!」の「3rd Live Tour あっちこっち行くけどごめんね!」の最終公演を「Zepp Diver City」で開催した。今回は「昼の部」の模様を取材したので、レポートしておこう。

WUGは、吉岡茉祐さん(島田真夢役)、永野愛理さん(林田藍里役)、田中美海さん(片山実波役)、青山吉能さん(七瀬佳乃役)、山下七海さん(久海菜々美役)、奥野香耶さん(菊間夏夜役)、高木美佑さん(岡本未夕役)で構成される声優ユニット。同名アニメのメインキャストを務めているだけでなく、ユニットとしても継続的にアーティスト活動も行っている。

7月17日の舞浜アンフィシアターでの公演を皮切りに約1ヶ月間にわたって、全国7カ所・12公演を行っており、今回の東京公演が千秋楽となる。これまでの楽曲は秋から放送予定のTVアニメとのタイアップが発表となったWUGだが、この公演のみに生バンドによる演奏が行われるなど、ユニットとして新しいステージに入ったことを象徴するかのようであった。


【関連記事】
人気声優ユニットWake Up, Girls!の3回目となる幕張イベントが12月11日に開催決定! 新曲「僕らのフロンティア」が「灼熱の卓球娘」ED曲に



 
■生バンド演奏などサプライズ満載のライブに

青山さんと田中さんによるPerfect Human的な「お約束たいそう2016」の後、吉岡茉祐さん書き下ろしで、田中美海さんと高木美佑さんによる影ナレーションが行われた。「不思議の国のアリス」をモチーフにしたストーリーとなっており、2人の掛け合いとユーモラスなストーリー展開に会場からは笑いと拍手が起こった。

会場が温まってきたところで、いよいよライブスタート。これまでと同様、オケのライブかと思われたが、なんと今回はバンドによる生演奏というサプライズ演出が加わったことで、会場のボルテージは一気に最高潮に達した。「Beyond the Bottom」で始まり、「少女交響曲」、「素顔でKISS ME」と続劇場版での主題歌・挿入歌を立て続けに披露した。
 



さて、ツアーでは会場ごとにメンバー1人をフィーチャーするプリンセスシステムを導入しているが、今回は田中さんがプリンセスとなり、「HIGAWARI PRINCESS」を歌い上げた。田中さんは、「金の棒(※)」(山下さん)をバトンのように使うと、会場からは感嘆の声があがった。また東北イオンのCMとのタイアップ決定が明らかになるなど会場は祝福ムードが広がった。

(※)ステッキのこと


続いて永野さん、高木さん、田中さんによる「タイトロープラナウェイ」、そして、吉岡さん・山下さん・奥野さん、青山さんによる「outlander rhapsody」となった。「HIGAWARI PRINCESS」を含めた3曲はいずれも永野さんが振り付けを担当したとのこと。永野さんは「みんなが可愛く踊ってくれて嬉しい」と話していた。

ここでプリンセスとなった田中さんがキャラクターソングを、自身の演じる「片山実波」のように歌い、会場にいるワグナー(ファンのこと)に元気を届けた。今回歌ったのは、「歌と魚とハダシとわたし」、そして、新しいキャラクターソング「それいけオトメ」の2曲である。会場は、田中さんのイメージカラーである黄色一色に染まり、ステージを盛り上げた。
 



ツアーグッズを紹介する「WUGショッピング」の後、アニメに登場するI-1クラブのゼネラルマネジャー白木徹の映像が流れると、今度は、I-1クラブの衣装チェンジして登場。「止まらない未来」、「運命の女神」、「シャツとブラウス」(奥野さん・青山さん・田中さん・永野さん)で会場を魅了した。本家I-1clubとは一味違った魅力を引き出していたことが印象的だった。
 




 
■久々に学校の制服衣装で登場

再び暗転すると、アニメの映像がステージ上のモニターに映しだされた。続・劇場版から始まり、テレビアニメシリーズ、そして最初の劇場版と、新しい映像から初期の映像へとさかのぼっていった。映像が終わると、最近ではみられなくなった学校の制服衣装でステージに現れ、会場から大歓声があがった。吉岡さんは「もはやコスプレ」と自嘲気味に話していたが、いやいやまだまだ似合う。

そうなると歌う曲は、TVアニメと劇場版で使われた楽曲と決まっている。美しい仙台の街並みと過去の活動記録を交えた映像演出が光る「言の葉青葉」を歌い上げ、会場を魅了すると、脱落しかけた林田藍里を復帰させるアニメ映像をバックに歌った「16歳のアガペー」、そして原点であり、「最も大事な曲」(吉岡さん)である「タチアガレ!」である。7人の成長を感じさせるものでもあり、会場には感動的なムードが広がった。
 



アンコールでは、東京限定のTシャツ姿に着替えて登場し、「7 Girls War」を歌った後、新曲「僕らのフロンティア」を初お披露目した。10月から放送開始予定で、田中さんが出演するTVアニメ「灼熱の卓球娘」のエンディングテーマとしてタイアップが決定したとの告知も行われた。WUG以外のアニメでのタイアップは初めてのことであり、会場からも大歓声と拍手があがった。

最後の曲は、TVアニメの挿入歌「極上スマイル」である。「なんだかちがう!」「豊作豊作!」などとワグナーがコールを入れて盛り上げると、ステージ上の7人も躍動感あふれるパフォーマンスで応えた。間奏で、プリンセスの田中さんがソロダンスを披露する場面もあった。あっという間に過ぎた時間を惜しむ声があがるなか、会場は曲名と同じく、極上なスマイルで公演を終えたのだった。
 





【セットリスト】
M1 Beyond the Bottom
M2 少女交響曲
M3 素顔でKISS ME
M4 HIGAWARI PRINCESS
M5 タイトロープ ラナウェイ
M6 outlander rhapsody
M7 歌と魚とハダシとわたし
M8 それいけオトメ
M9 止まらない未来
M10 運命の女神
M11 昼:シャツとブラウス
M12 言の葉 青葉
M13 16歳のアガペー
M14 タチアガレ!

<<アンコール>>
M15 7 Girls War
M16 僕らのフロンティア ※タイアップ新曲初披露
M17 極上スマイル

 
(編集部 木村英彦)


 
■関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter

灼熱の卓球娘

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( _エイベックス・ピクチャーズ

企業情報(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)

会社名 エイベックス・ピクチャーズ株式会社
URL http://avex-pictures.co.jp/
設立 2014年4月
代表者 代表取締役社長 寺島 ヨシキ/代表取締役副社長 勝股 英夫
決算期 3月
直近業績 非公開
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事