サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/25)】アプリゲーム好調で業績予想増額...

【ゲーム株概況(10/25)】アプリゲーム好調で業績予想増額の東映アニメが高い 外資が投資判断「買い」のサイバーエージェントとDeNAも買われる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
10月25日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸し、前日比130.83円高の1万7365.25円で取引を終えた。為替が1ドル=104円台半ばまで円安方向に振れたことで、輸出関連株を中心に朝方から買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東映アニメ<4816>が一時5670円まで買われるなど大幅高した。東映アニメは、国内外でアプリゲーム『ドラゴンボールZドッカンバトル』と『ワンピーストレジャークルーズ』に加え、中国向けで「聖闘士星矢」のアプリゲームが好調だったことなどから2017年3月通期と中間期の業績予想を上方修正したことが材料視された。

【関連記事】
東映アニメ、17年3月期の営業益予想を57億円→77億円に大幅上方修正…『ドッカンバトル』と『ONE PIECEトレクル』が貢献、中国向け星矢も寄与
 

また、メリルリンチ日本証券が投資判断を新規「買い」としたサイバーエージェント<4751>とDeNA<2432>が買われたほか、ネクソン<3659>やAiming<3911>がしっかり。

半面、ケイブ<3760>やクルーズ<2138>、enish<3667>などが売られ、メディア工房<3815>は一時605円まで売られるなど利益確定の売り物に押された。

ほか、ベクター<2656>やブランジスタ<6176>の下げもきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

企業情報(東映アニメーション株式会社)

会社名 東映アニメーション株式会社
URL http://corp.toei-anim.co.jp/
設立 1948年1月
代表者 高木 勝裕
決算期 3月
直近業績 売上高336億円、営業利益47億円、経常利益52億円、当期純利益32億円(2013年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4816

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事