Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、第3四半期は減収・赤字転落…プロモーション強化...

Aiming、第3四半期は減収・赤字転落…プロモーション強化とコンテンツの評価損などで

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
Aiming<3911>は、10月28日、第3四半期累計(16年1~9月)の連結決算を発表し、売上高69億5400万円(前年同期比25.9%減)、営業損益4億3600万円の赤字(前年同期28億3700万円の黒字)、経常損益4億3900万円の赤字(同28億0500万円の黒字)、最終損益6億7900万円の赤字(同18億円の黒字)となり、減収・赤字転落となった。

 


同社では、『剣と魔法のログレス いにしえの女神』ではプレイヤー同士でチームを組むことができるクラン機能を実装するとともに、他社IPとのコラボレーションや新規アイテム施策を積極的に実施することでテコ入れを図ったという。このほか、前四半期に配信を開始した『空と大地のクロスノア』等のタイトルも堅調な売上高で推移したとのこと。

新規タイトルについては、自社開発タイトル『トライリンク 光の女神と七魔獣』、共同開発タイトル『街コロマッチ!』『彗星のアルナディア』の3タイトルを国内で配信するとともに、中国本土に向けたライセンスアウトタイトル『剣と魔法のログレス いにしえの女神』の簡体字版の配信を開始した。

また、コスト面では、市場競争の激化から新規・既存タイトルともに積極的なプロモーション活動を行ったことに加え、コンテンツ資産において一部配信タイトルの売上高が低調であったことに伴い、今後の収益予想を保守的に見積もって資産性を評価した結果、評価損失を計上したこと、同様の評価から繰延税金資産の取り崩しを行ったという。


【追記】
第3四半期(7~9月)の数字を見ると、売上高25億7300万円(前四半期比27.9%増)、営業損益6億9200万円の赤字、経常損益6億9800万円の赤字、最終損益8億3700万円の赤字だった。

 
【Aimingの四半期別売上高・営業利益の推移(億円)】


 
■2016年12月期の見通し

2016年12月期は、売上高93億0400万円(前期比23.5%減)、営業損益5億8900万円の赤字、経常損益6億2100万円の赤字、最終損益6億7300万円の赤字を見込む。従来予想からの修正はないとのこと。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事