Shadowverse(シャドウバース)、Cygames、Steam、Google Play、App Store、DMM.comに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームeSPORTS記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】優勝賞金400万円は誰の手に!? 『Shadowve...

【連載】優勝賞金400万円は誰の手に!? 『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【nakayama選手編】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
 
サイバーエージェント<4751>の連結子会社であるCyberZが開催する、Cygamesの本格スマホカードバトル『Shadowverse』を競技タイトルとしたe-Sports大会「RAGE vol.3」。そのオフライン予選大会が10月22・23日に実施され、約1,000名の参加者の中から、11月23日にベルサール秋葉原にて開催される「GRAND FINALS」へと進出する8名が決定した。
 
そんな中、今回は出場者8名が揃って「GRAND FINALS」用のムービー・スチール撮影を行っていると聞き、現場へ潜入。『Shadowverse』を始めたきっかけや魅力、勝利に近付くためのポイント、TCG経験についての話などを各選手に伺ってきたので、全8回に渡ってお届けしていく。第1回となる今回は、BブロックWINNERSトーナメント優勝のnakayama選手へのインタビューをお届け!
 
【関連記事】
『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 Shadowverse オフライン予選大会」1日目が開幕! 128名の強者がDay2へ進出
『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 Shadowverse GRAND FINALS」に出場する8名の選手が決定! 会場には木村Pの姿も!?
 
nakayama選手
●「RAGE vol.3 Shadowverse オフライン予選大会」での使用デッキはこちら
【使用デッキ1:アグロヴァンパイア】
https://goo.gl/pVHcOF
 
【使用デッキ2:御旗ロイヤル】
https://goo.gl/XEXEdL
 

■nakayama選手ってどんな人? 「GRAND FINALS」開催前に出場選手の情報をキャッチ!

 
――:本日はよろしくお願いします。まず始めに、nakayama選手のゲーム歴をお伺いさせていただけますか。
 
幼稚園に通っていた頃からカードを集めたりすることは好きでした。本格的にTCGゲームを始めたのは「遊戯王」や「デュエル・マスターズ」で、それが中学3年~高校1年生の頃です。「デュエル・マスターズ」や「ヴァイスシュヴァルツ」は今でもよく遊んでいます。デジタル系のカードゲームは『Shadowverse』が初めてですね。
 
――:『Shadowverse』を始められたきっかけは?
 
元々、『Shadowverse』と同じくCygamesが配信している『神撃のバハムート』を遊んでいたのですが、このゲームに登場する絵が凄く好きだったんです。その絵を使ったカードゲームがあると聞き、これは「始めるしかないな!」と思ったのがきっかけですね。自分としては、好きなもの同士の組み合わせにかなりテンションが高まりました。
 
――:これまでの大会出場歴を教えてください。
 
TCGの大会は大きなものにもよく参加していたのですが、良い結果が出せたのは今回の大会が初めてです。他のカードゲームでは、友人が上位入賞などを果たしたりしていて、自分だけ周りに取り残されている気がしていたので、今回は勝ち残れて本当に良かったです。
 
――:改めて予選を振り返って印象に残っておられるシーンなどはございますか?
 
予選で使用したアグロヴァンパイアのデッキは、予選1日目の第1タームを先に勝ち上がった知り合いから教えてもらったものなのですが、「貴き血牙」と「吸血姫・ヴァンピィ」をプレイする順番を間違えてしまい、改めて練習が大事だと痛感しました。
 
また、御旗ロイヤルのデッキでは、ルミナスナイトが狙い通りに活躍した場面もあったのが嬉しかったです。
 

――:本日の撮影はいかがでしたか?
 
仲間内のひとりに「デュエル・マスターズ」で全国3位を獲得した友人がいるので、こういった場面の様子は見聞きしていたのですが、まさか自分がこうなるとは思っていませんでした。
 
――:nakayama選手が感じる『Shadowverse』の魅力を教えてください。
 
対戦カードゲームにおいて、常に対戦相手がいるという環境は非常にありがたいです。アナログのカードゲームでは、まず対戦相手を見つけることが大変だったりもしますので、その課題点が解消されていることが最大の魅力になっています。あとは、全てのカードのボイスを聞けるという点はデジタルでしか体感できないところだと思います。自分が知っているカードが動いたり喋ったりしていることに感動しました。
 
――:最後に、「GRAND FINALS」へ向けての意気込みをお願いします。
 
ファイナリストの皆さんとも、これを機に仲良くさせていただければと思いますので、勝っても負けても思い出に残るような良い試合にしたいです。
 
――:本日はありがとうございました。
次回は、「GRAND FINALS」第1試合でnakayama選手と対戦する、ま選手へのインタビューをお届け!
 
 (取材・文:編集部 山岡広樹)


RAGE vol.3 Shadowverse GRAND FINALS概要】
日時:2016年11月23日(水・祝)09時00分 開場/10時00分 開演/19時30分 終演(予定)
会場:ベルサール秋葉原
賞金:総額700万円

優勝:400万円
準優勝:100万円
3位:50万円
4位:30万円
5位タイ:各15万円(4名)
9位タイ:各10万円(4名)
13位タイ:各5万円(4名)

▼チケット販売サイト
https://t.livepocket.jp/e/55j7d

▼OPENREC.tv内のRAGEチャンネル
https://www.openrec.tv/user/rage-esports
 

 
■関連サイト
 

RAGE公式サイト

 
 
■『Shadowverse』(アプリ版)
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式twitter

 
■『Shadowverse』(PC版)
 

DMM GAMES版

Steam版


 
© Cygames, Inc.
Copyright (C) since 1998 DMM All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CyberZShadowverse(シャドウバース)Cygames

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL https://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

プロジェクトマネージャー

大規模なゲームタイトルのプロジェクトマネージャーとして、下記の管理業務をお任せします。 社内外問わず、様々な業界・職種の方と関わり合いながら、裁量を持って業務に取り組んでいただきます。 ・コンテンツ開発における戦略立案と実行 ・プロジェクトの予算策定、予実管理業務 ・経営層に向けた...

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

ゲームスクリプター

ゲームスクリプターはユーザーが熱狂するような、「最高のコンテンツ」制作を担う仕事です。 ゲーム開発の現場で、スクリプト言語を用いてイベントを組み立てたり、 キャラクターの動きを指定したり、ゲームを構築する役割をお任せします。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事