コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/6)】『ツムツムランド』好調のコロプラ...

【ゲーム株概況(11/6)】『ツムツムランド』好調のコロプラが高い 『DQライバルズ』好発進でトーセも一時S高 ボルテージとセガサミーHDは決算嫌気

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
3連休明けとなる11月6日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら3日続伸となり、前日比9.23円高の2万2548.35円で取引を終えた。朝方買い先行で始まった後、高値警戒感から一時マイナス圏に大きく沈む場面があったものの、大引けにかけて再びプラス圏へと浮上した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、コロプラ<3668>が終値ベースで9月22日以来となる1300円台を回復するなど3日ぶりに反発した。コロプラは、10月31日にリリースした新作パズルゲーム『ディズニー ツムツムランド』が、App Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)でトップ20入りを果たしたことが材料視された。

また、トーセ<4728>が一時ストップ高まで買われるなど前週末に続いて強調展開となった。トーセは、同社が開発を担当し、11月2日にリリースされたばかりのスクウェア・エニックスの対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』がApp Storeランキングで一気に2位に飛び込んできたことが株価を押し上げた。ただ、急ピッチの上昇が続いてきたことで、買い一巡後は利益確定売りで次第に値を消す格好となった。

ほか、オルトプラス<3672>やKLab<3656>、ガンホー<3765>、サイバーエージェント<4751>などが買われた。

半面、enish<3667>は4日続落と下げがきつく、ボルテージ<3639>やモブキャスト<3664>なども大幅安した。ボルテージは前週末に発表した2018年6月期の第1四半期決算が5億2000万円の営業赤字計上となったことが嫌気された。

【関連記事】
ボルテージ、1Qは売上高24%減、5.2億円の営業赤字を計上 主力の国内女性向け「恋愛ドラマアプリ」が苦戦 「男性向けサスペンス」も減少(グラフ追加・追記)

同様に2018年3月期の第2四半期決算を発表し、デジタルゲームの営業益が47%減と苦戦したセガサミーHD<6460>も売られた。

【関連記事】
セガサミーHD、デジタルゲームの2Q営業益は47%減の20億円に MAUと主力タイトルの比率が落ち込む 下期以降リリースの新作にも期待


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラトーセ

企業情報(株式会社トーセ)

会社名 株式会社トーセ
URL http://www.tose.co.jp/
設立 1979年11月
代表者 齋藤茂
決算期 8月
直近業績 売上高54.60億円、営業利益5.35億円、経常利益6.02億円、当期純利益4.70億円(2013年8月期)
上場区分 東証一部
証券コード 4728

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事