ダンクハーツに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム提携記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > オルトプラスとダンクハーツが資本業務提携…ソーシャルゲームの...

オルトプラスとダンクハーツが資本業務提携…ソーシャルゲームの開発、運営事業で協業

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
オルトプラス<3672>は、ダンクハーツと資本業務提携を行い、ソーシャルゲームの開発、運営事業における協業体制を強化していくことで合意したことを明らかにした。資本提携の枠組みついて、オルトプラスに問い合わせたところ、回答できないとのことだった。

東京圏では人材の慢性的な不足によりゲーム人材の獲得が難しく、人件費も高騰している。また、地価も高騰しているためゲーム開発・運営におけるコストも相対的に高騰している状態にる。この問題を解消するために、オルトプラスでは大阪に拠点をもつダンクハーツと資本業務提携を締結し、人材余力があり、東京圏よりも地価が安価な大阪圏にパートナーを獲得することで開発・運営の体制の強化を行う、としている。

ダンクハーツは2005年にコンテンツメディア事業を主たる事業として創業。そのコンテンツ制作ノウハウを活かしてソーシャルアプリ事業へ進出。以後、輝星のリベリオンやウェポンガールズ、動乱の三国志VERSUSなど多数のヒットタイトルを開発・運営している。また、早期にベトナムやタイなどの東南アジアマーケットへ子会社を設立するなどオルトプラスとの指向性も近いことから、今回の資本業務提携に至ったという。

今後は両者が持つ事業上の強みを活かし、互いの経営資源を最大限に活用することで、両社の事業のさらなる発展を目指す。また、資本業務提携にともないオルトプラスのゲーム事業本部長である北村 紀佳氏がダンクハーツの社外取締役に就任するとのこと。具体的な取り組みや協業の進捗については都度発表する予定。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ダンクハーツオルトプラス

企業情報(株式会社オルトプラス)

会社名 株式会社オルトプラス
URL http://www.altplus.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 石井武
決算期 9月
直近業績 売上高33億円、営業損益4億1500万円の赤字、経常損益3億8000万円の赤字、最終損益6億500万円の赤字(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3672

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事