17年10-12月決算、アクセルマークに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > アクセルマーク、第1四半期は売上高40%減、6900万円の営...

アクセルマーク、第1四半期は売上高40%減、6900万円の営業赤字に転落 ゲームの売上減、新作の開発費用を先行計上【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
アクセルマーク<3624>は、2月1日、第1四半期(17年10-12月)の連結決算を発表し、売上高6億1300万円(前年同期比40.6%減)、営業損益6900万円の赤字(前年同期4000万円の黒字)、経常損益7000万円の赤字(同4400万円の黒字)、最終損益7100万円の赤字(同4000万円の黒字)と減収・赤字転落となった。モバイルゲームの減収に加え、新作の開発費など先行費用を計上したことが響いたもようだ。また広告事業がゲーム事業の売上を上回った。

 


(ゲーム事業)
売上高2億0900万円(同67.2%減)、セグメント損益2900万円の赤字(前年同期は7800万円の黒字)だった。「ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-」がサービス開始から1.5周年を迎え、「キングダム -英雄の系譜-」はサービス開始から1000日を記念したイベントを実施し、「ディアホライゾン」も含め、運用中ゲームタイトルは引き続き収益貢献をした。また「終幕彼女(エンドロール)」や、「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」など開発中ゲームタイトルは引き続き費用が先行して発生した。


(広告事業)
売上高3億7800万円(同3.7%減)、セグメント利益2100万円(同239.1%増)だった。トレーディングデスクにおいては、案件獲得に注力し、前四半期に行った体制の整備や強化に加え、当初想定していたクライアント層以外のニーズも取り込み、順調な立ち上がりとなった。スマートフォン向けアドネットワークサービス「ADroute」では引き続き市場の動向に合わせ運用を行っており、堅調に推移した。


 
■第2四半期の見通し

続く第2四半期累計(17年10月-18年3月)は、売上高12億2000万円(前年同期比37.7%減)、営業損益1億9300万円の赤字(前年同期2000万円の赤字)、経常損益1億9600万円の赤字(同2300万円の赤字)、最終損益1億9800万円の赤字(同3100万円の赤字)を見込む。

 



【追記】
四半期別の業績推移を見ると、第1四半期(17年10-12月)の売上高は前四半期比(QonQ)で15.0%減、営業損益と経常損益の赤字幅は拡大、最終損益の赤字幅は縮小した。第2四半期(1-3月)の売上高は同1.0%減の6億0700万円、営業損益1億2400万円の赤字、経常損益1億2600万円の赤字、最終損益1億2700万円の赤字と減収・赤字幅拡大を見込む。四半期業績推移は以下のとおり。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アクセルマーク17年10-12月決算

企業情報(アクセルマーク株式会社)

会社名 アクセルマーク株式会社
URL http://www.axelmark.co.jp/
設立 1994年3月
代表者 尾下 順治
決算期 9月
直近業績 売上高33億0800万円、営業損益2億2400万円の赤字、経常損益2億7200万円の赤字、最終損益3億1600万円の赤字(2017年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3624

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事