アリス・ギア・アイギス、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【コロプラ決算説明会速報①】『ツムツムランド』は「好調な滑り...

【コロプラ決算説明会速報①】『ツムツムランド』は「好調な滑り出し」(馬場社長) 『アリス・ギア・アイギス』は計画対比で前倒しの業績寄与に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コロプラ<3668>は、2月7日、2018年9月期の第1四半期(10~12月)の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。決算説明会では、同社の馬場社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその中から同社が今期に入ってからリリースした新作2タイトルの話を取り上げたい。

まずは、昨年10月31日にリリースした『ディズニー ツムツムランド』だが、「好調な滑り出し」(馬場社長)となったという。では、実際に売り上げという形で同社業績に寄与しているのか見てみると、第1四半期は2018年9月期リリースもの、つまり『ディズニー ツムツムランド』の売り上げが12億1500万円となっている。リリースが10月31日ということで実質2か月分の寄与と考えると、月商6億円規模であることが想定される。

一方で、前四半期に3周年イベントで盛り上がった『白猫プロジェクト』を含む2014年9月期リリースものの売上高は、前四半期比で約20億円減少しており、この反動減の大きさをカバーするには至らなかったようだ。
 

また、1月25日にリリースした最新作『アリス・ギア・アイギス』も各種KPIの高さが目立つなど好調なスタートになったとのこと。特に「1日当たりプレイ時間」が、同社の既存タイトルと比較しても高く、ライトユーザーを取り込んでいる『ディズニー ツムツムランド』に対し、こちらはコアなユーザーを取り込む形になっているようだ。

なお、『アリス・ギア・アイギス』は、当初計画では第3四半期からの業績寄与となる計画だったとのことで、第2四半期からの前倒し寄与となることは、業績の上ブレ要因となってきそうだ。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年10-12月決算アリス・ギア・アイギスコロプラ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事