17年10-12月決算、KLabに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【KLab決算説明会速報②】事業方針をゲーム事業とその周辺事...

【KLab決算説明会速報②】事業方針をゲーム事業とその周辺事業に専念する形に転換へ ラーメンアリーナ事業など「ゲームとシナジーの低い事業は整理」(真田社長)

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

KLab<3656>は、2月13日、2017年12月期の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。決算説明会では、2017年12月期の業績や今後の方針について一通り説明が行われた後、質疑応答が実施された。今回の記事では、その中から今後の事業方針について取り上げたい。

同社はこれまでゲーム事業のボラティリティーの高さが経営に与えるリスクをヘッジするため、ゲーム事業とのシナジーが低い非ゲーム事業の売り上げを確保しておくという戦略をとってきていた。

しかし、2017年12月期にリリースした『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』と『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』の寄与により、特定のタイトルに依存する状況が緩和できたとの判断から方針を転換し、「ゲームとシナジーの低い事業を整理した」(真田社長)という。

具体的には、ラーメンアリーナ事業は、保有するKLab Food&Cultureの全株式を立ち上げ時からのパートナー会社であるフードマーケティングアジア社に譲渡した。また、非ゲームの未事業化案件は、真田氏がMBOを実施し、設立した新会社に移行する。

その結果、KLabは好調なゲーム事業と、ゲーム事業とシナジーが高い新規事業(ゲーム周辺事業)のみに集中する体制を整えている。
 

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 17年10-12月決算KLab

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 真田哲弥
決算期 12月
直近業績 売上高267億円、営業利益48億円、経常利益48億円、最終利益31億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事