エヌジェイホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/19)】子会社ゲームスタジオが受託開発し...

【ゲーム株概況(3/19)】子会社ゲームスタジオが受託開発した『刀使ノ巫女』配信開始でNJHDが高い 『ガルパン』新作開発担当のKLabも後場浮上

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
3月19日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比195.61円安の2万1480.90円で取引を終えた。内閣支持率の低下が心理的な重しとなり、薄商いの中で一時下げ幅300円超に達する場面もあった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、NJホールディングス<9421>が前場中ごろから値を上げて、終値ベースでは1月26日以来となる4000円台を回復した。NJホールディングスは、子会社ゲームスタジオが受託開発したスクウェア・エニックスの最新作『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』の正式サービスが本日(3月19日)より開始となったことが株価の刺激材料となったもようだ。

また、同じく新作関連の話題でKLab<3656>も後場にかけてプラス圏へと浮上した。KLabは、バンダイナムコエンターテインメントが事前登録を開始した『ガールズ&パンツァー あつまれ!みんなの戦車道!!』の開発を担当していることを明らかにしたことが市場の関心を集める格好となった。

ほか、全体に軟調な銘柄が目立つ中で、ネクソン<3659>やアクセルマーク<3624>などがしっかり。

半面、モバイルファクトリー<3912>やミクシィ<2121>、Aiming<3911>、オルトプラス<3672>などが売られた。エディア<3935>やアカツキ<3932>の下げもきつい。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KLabエヌジェイホールディングス

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 森田英克
決算期 12月
直近業績 売上高326億円、営業利益49億円、経常利益49億円、最終利益25億円(2018年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事