Shadowverse(シャドウバース)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【RAGE 2018 Spring】準決勝 第1試合は「Ta...

【RAGE 2018 Spring】準決勝 第1試合は「Tatsuno」選手vs「みずせ」選手 繊細なプレイが光る両者の対決をレポート

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

CyberZとエイベックス・エンタテインメントは、3月21日、千葉県・幕張メッセにて国内最大級のeスポーツイベント「RAGE 2018 Spring」を開催している。
 
【RAGEとは】
CyberZとエイベックス・エンタテインメントが年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める"次世代型 esports大会"。これまで、Super Evil Megacorpのモバイルゲーム『Vainglory』、カプコンの『ストリートファイターV』、コナミデジタルエンタテインメントのサッカーゲーム『ウイニングイレブン 2017』、Cygamesの『Shadowverse』を競技タイトルとしてして採用している。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会して、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げる。

当日は、Cygamesの本格スマホカードバトル『Shadowverse』を種目として採用したe-Sports大会「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」のほか、『ストリートファイターV アーケードエディション』を採用した「RAGEストリートファイターV 白虎杯」、Nintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン2』のガチマッチ大会「RAGE Splatoon2 Extreme」を同時に実施している。また、サイドイベントとして「有名プレイヤー対戦&デッキ相談会」や、フォトエリアでの「コスプレイヤー撮影会」、「4人フライト式トーナメント」、「Shadowverse展示エリア」なども展開する盛りだくさんのイベントだ。

■対戦の模様はOPENREC.tvにて配信中
https://www.openrec.tv/live/RduGZLoxerK

そんな中、本稿では「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」で行われる対戦の様子を適宜お伝えしていく。今回は、準決勝 第1試合のTatsuno選手vs みずせ選手をレポート。なお、「RAGE Shadowverse Chronogenesis GRAND FINALS」における対戦ルールや賞金の詳細は以下の通り。

【対戦ルール】
・それぞれクラスの異なる3デッキを事前に登録(※デッキは事前公開されている)
・試合は最大5バトルのBO5(Best of 5)で行われ、先に3バトル勝利した選手が試合に勝利
・1バトル目ではお互い自分の登録した3つのデッキから好きなデッキを選択し、2バトル目以降、既に勝利したデッキは同じ試合で再び使用することはできない
例:「エルフ」と「ロイヤル」「ウィッチ」の3デッキを用意し、1バトル目を「エルフ」で勝利した場合、それ以降のバトルで「エルフ」は使えなくなる。

【賞金】
優勝:400万円
準優勝:100万円
3位:50万円
4位:30万円
5位タイ:各15万円
<予選大会Day2 プレーオフ決勝進出>:7万円
<予選大会Day2 プレーオフ進出>:3万5千円
<予選大会Day2 スイスドローラウンド6勝2敗>:各1万円

準決勝 1試合

Tatsuno選手(使用クラス:エルフ、ウィッチ、ヴァンパイア)
vs
みずせ選手(使用クラス:ネクロマンサー、ウィッチ、ドラゴン)

※各選手の使用デッキリストは下記のページから確認可能
https://rage-esports.jp/information/rage-2018spring-gf-decklist

●第1バトル
互いにウィッチを選択したミラーマッチからスタート。デッキタイプは異なっており、Tatsuno選手はウィッチミラー勝率が低いものの、BO5なら勝率が高いニュートラル基軸のデッキ。対するみずせ選手は、「ギガントキマイラ」を3枚採用したウィッチ。序盤から優秀なフォロワーを展開して有利を築きたいTatsuno選手だったが、キーカード「ビューティー&ビースト」を引き込めず厳しい展開に。みずせ選手も手札に「ギガントキマイラ」が重なる遅い立ち上がりだったが、PPブーストを行った「ギガントキマイラ」の連続プレイで勝利を掴んだ。


 
●第2バトル
先手を取ったみずせ選手はネクロマンサーを選択。対するTatsuno選手は1バトル目に引き続きウィッチでの勝負なった。Tatsuno選手は高PPカードを引き込んでしまい、序盤からフォロワーを展開するネクロマンサーに体力を大きく削られてしまう。9,10ターンまで耐えることができれば逆転も見える手札になったが、みずせ選手は「魔将軍・ヘクター」で許さず、決勝進出にリーチをかけた。


 
●第3バトル
第3バトルはみずせ選手の残るドラゴンに対して、Tatsuno選手がヴァンパイアで迎え討つ形となった。Tatsuno選手は早いターンでの「ベルフェゴール」展開で復讐状態に、一方のみずせ選手も序盤からPPブーストを行い、両者理想的な動きをしていく。みずせ選手は10PPに到達すると「無謀なる戦」と「魔海の女王」のコンボで一気に体力を削っていく。しかし、手札を0にするデメリットが影響し、守りきったTatsuno選手の勝利となった。

 

 
●第4バトル
マリガンを終えた段階でPPブーストカード2枚に、ドローカードを抱えたみずせ選手。10PPに6ターンで到達し、強力な盤面処理能力を持つ「バハムート」で有利を築いていく。キーカードの「無謀なる戦」も引き込み、毎ターン強力なフォロワーを展開。守護フォロワーで少しでも時間を稼ぎ、反撃のチャンスを目論むTatsuno選手だったが、圧倒的なフォロワーの前に黒星をつけた。



[試合結果]
●ウィッチ vs ウィッチ○
●ウィッチ vs ネクロマンサー○
○ヴァンパイア vs ドラゴン●
●ウィッチ vs ドラゴン○

勝者:みずせ選手




■「RAGE」関連サイト
 

公式サイト

公式Twitter


© CyberZ, inc. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

シナリオライター

ゲームの世界観をテキストで表現する業務です。 クエストストーリー、イベントストーリーや、ゲームに出てくるキャラクターのシナリオ、フレーバーテキストの作成、各種発注・調整業務をして頂きます。

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事