夢王国と眠れる100人の王子様、ジークレストに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ​【イベント】ジークレスト「夢100 3周年記念イベント プ...

​【イベント】ジークレスト「夢100 3周年記念イベント プリンスパレード」を開催 赤羽根健治さん、新垣樽助さんほか人気声優10名が登場

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ジークレストは、3月31日、女性向けスマホパズルRPG『夢王国と眠れる100人の王子様(以下、夢100)』のアプリリリース3周年を記念したイベント「夢100 3周年記念イベント プリンスパレード」を日本消防会館(ニッショーホール)にて開催した。イベントは場外ビューイングも行われた。

会場には、「夢100」にキャラクターボイスとして出演している人気声優の赤羽根健治さん(リド、アルマリ役)・浅沼晋太郎さん(グレアム、スペルヴィア役)・小林裕介さん(アマノ役)・佐藤拓也さん(楓、イヌイ役)・新垣樽助さん(フロスト役)・立花慎之介さん(ギルバート役)・寺島惇太さん(イラ役)・土岐隼一さん(テオドール役)・古川慎さん(ウェディ役)・山谷祥生さん(アザリー、クレト役)(※五十音順)10名が登場し、朗読劇やチーム戦で戦うチャレンジコーナー、さらに今後の「夢100」に関して重大発表を行った。MCは髭男爵の山田ルイ53世さんが務めた。今回は、夜公演のレポートをお届けする。

イベントはスタートから大きな盛り上がりを見せた。ステージに声優陣とMCが登場した直後に新垣さんが歌舞伎のような挨拶で会場を盛り上げると、その流れのまま各々の挨拶が始まった。最初に赤羽根さんがMCの山田さんが喉を心配するほどの大声で挨拶をするとさらに会場の熱気は高まった。その後の声優陣の挨拶のハードルが順にあがっていく雰囲気となり、山谷さんは地面に向かって「ブラジルの人、聞こえますか~」と絶叫し、佐藤さんは「空前絶後の~」と叫んだところでMCの山田さんや声優陣からすぐに止められるなど、最初の挨拶から会場は大きな笑いに包まれた。

朗読劇は「3周年記念ドラマ ワールドサロン特別編~飛空船に乗って~」を前編・中編・後編にわたってじっくり披露した。劇は王子様たちが飛行船に乗って目的地の島を目指す旅となり、前編では罪過の国の監獄を再現したパビリオンでの劇を山谷さん、土岐さん、佐藤さん、寺島さん、新垣さんが、中編では世界中の食べ物が集まるフードパークでの劇を赤羽根さん、浅沼さん、立花さん、小林さん、古川さんが演じ、後編ではサリューシャのパビリオンで一堂に会した王子たちの劇を10人全員で演じた。朗読劇のストーリーは、イベント限定の限定ストーリーとなり、今までは共演がなかった王子たちが朗読劇で共演することで王子様たちの新たな一面を楽しむことができた。

さらに特別朗読劇「帰ってきた 3年夢組 フロスト先生」では、2017年に実施した「プリンスパレード」にて行った朗読劇がキャラクターも新しくなってお披露目された。フロスト先生が受け持つ生徒たちの卒業を決めるテストでにっちもさっちもいかない回答が出てきてしまい、みんなでフロスト先生が出す問題に回答することになった。生徒となった王子たちの回答に会場からは大きな笑いが起こった。
 


バラエティコーナーでは、出演声優陣が赤羽根さんチームと新垣さんチームに分かれて「王子様を探せ!チーム対抗 パビリオンDEかくれんぼ」の対決を行った。ゲームはテーマパランド、闘技場、フードコートに5人の王子様から一人を隠して相手チームはどのパビリオンにどの王子様がいるのか予想して、パビリオンと王子様が一致すれば「エクセレント」、パビリオンが異なり隠れている王子様が一致すれば「グッド」となり、3エクセレントを目指すゲームとなる。ゲームは途中にチームでEXILEのChooChooTrainのイントロのダンスを突然踊りだすなどここでも笑いの絶えないコーナーとなった。並びの順番が異なるトラブルもあったが、結果は赤羽根さんチームが2回目に3エクセレントだったのに対して、新垣さんチームは3回目でも3エクセレントとすることができず赤羽根さんチームの勝利となった。

イベントでは重大発表として今後の夢100についての発表も行った。メインストーリーの第2部の発表では、ステージに夢100のブランドプロデューサーの三谷氏が登場し説明した。夢世界はムーンロードという月の光で行き来するという設定があるが、第2部はナビも知らない光が出てきてその光が夢世界にかかって新しい国であるトルークビルにつながったことが始まりとなっている。また第2部には引き続き1部からの王子様が登場するだけでなく、さらにたくさんの王子様が登場し、夢世界の全体を巻き込んでいく展開になるという。夢100は「夢」がキーワードになっているが、1部は突然異世界にきて戸惑いながらも成長する姫様の姿を色濃く描いていたが、2部では1部で成長した信念や心を軸に新しい関係性や心と心のやり取りなど人間らしさを出したいと語った。

三谷氏は、最後に「メインストーリーは開始から第1部完結まで三年という月日がかかりましたが、根気強く王子様と一緒に旅をしていただきありがとうございました。まだ1部を遊ばれている方は引き続きぜひ一緒に冒険していただければと思います。夢100も3周年を迎えられて第2部を大々的に制作できるようになったのも皆様のおかげで本当に感謝しています。2部ではよりマップのデザインや多くの王子様を登場させる機会の創出など夢100の世界をもっと楽しめるようにチーム全員でブラッシュアップしているのでぜひ楽しみにお待ちいただければと思います。」と話した。

イベントで発表した新情報についての詳細は既報の記事を参照して欲しい。


TVアニメ「夢王国と眠れる100人の王子様」が2018年夏に放送決定! ティザービジュアルと特報PV、一部キャスト情報が公開に


ジークレスト、『夢王国と眠れる100人の王子様』メインストーリー第2部を6月に公開決定! フレイグ王子、イザーク、ルーファスの情報も解禁に


ジークレスト、『夢王国と眠れる100人の王子様』のコミックス連載を4月よりスタート! 池袋マルイで原画展も実施中


イベントの最後の挨拶では、佐藤さんが3周年を100周年と言い間違えをきっかけに最後まで大きな盛り上がりを見せることとなった。挨拶では、立花さんは「声優が10人集まっただけでも楽しいイベントになりました。夢100には現在170人以上の声優が参加しているがぜひ王子様を全員集めてまたイベントをやりたい。170人以上をまとめるフロスト先生も見てみたいです(笑)。キャストも含めて夢があふれる作品になっていますのでぜひこれからも続けていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。」、赤羽根さんは「先ほど100周年という言葉がでましたが、100年続くコンテンツは他にないので、声優も世襲制になって将来的にはイベントで初代声優の僕たちの写真が飾られているような(笑)、100年続くコンテンツを夢100は目指していけたら楽しいなと思います。」と話し、大盛況の中イベントは幕を閉じた。
 


 
■『夢王国と眠れる100人の王子様』
 

App Store

Google Play



©GCREST, Inc.

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ジークレスト)

会社名 株式会社ジークレスト
URL http://www.gcrest.com/
設立 2003年11月
代表者 大辻 純平
決算期 9月
直近業績 非公開
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事