RO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー子会社のGRAVITY、17年10-12月の売上はQ...

ガンホー子会社のGRAVITY、17年10-12月の売上はQonQで2.8倍の68億円と急拡大 『Ragnarok M』が台湾・香港で大ヒット

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社のGRAVITYは、2017年第4四半期(2017年10-12月)において、売上高が前四半期比(QonQ)で2.8倍となる675億2100万ウォン(約68億円)に急拡大したことを決算説明会資料で明らかにした。ただし営業利益は横ばいだった。リリース当初の広告宣伝費などによるものとみられる。
 


この背景には、同社の展開するモバイルMMORPG『RO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)』が寄与したものとみられる。『Ragnarok M』は10月に台湾・香港・マカオでリリースされ、台湾のセールスランキングで首位を獲得するなど好調な出足を見せていた。

この結果として、2016年12月期においては32%だった台湾の売上比率が2017年12月期では54%に上昇した。デバイス別売上もモバイルが23%から58%に上昇するなど大きな変化が見られた。
 


ガンホー全体の売上高の10%を超えたGRAVITYだが、『Ragnarok M』の台湾と香港での収益が通年で寄与してくるだけでなく、韓国でも好調な滑り出しを見せており、グループにおけるポジションをさらに高めてくる可能性が高い。


【関連記事】
ガンホー子会社のGravity、事前登録200万人突破の『ラグナロクM』を韓国でリリース セールスランキング3位と好調な出足に
ガンホー、子会社GravityのモバイルオンラインRPG『RO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)』が売上拡大に貢献と明らかに
Gravity『RO仙境傳說:守護永恆的愛』が台湾のApp StoreとGoogle Play売上ランキングで首位
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( GRAVITYガンホー・オンライン・エンターテイメントRO仙境傳說:守護永恆的愛(Ragnarok M)

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高923億円、営業利益343億円、経常利益343億円、最終利益223億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事