17年12月-18年2月決算、ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ケイブ、3QはQonQでは31%増収、営業黒字転換に 主力の...

ケイブ、3QはQonQでは31%増収、営業黒字転換に 主力の『ゴシックは魔法乙女』はDAUが回復 『三極ジャスティス』のリリースは来期へ期ずれに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ケイブ<3760>は、4月13日、2018年5月期の第3四半期累計(6~2月)の決算(非連結)を発表、売上高17億4200万円(前年同期比15.6%減)、営業損益4200万円の赤字(前年同期5000万円の赤字)、経常損益5600万円の赤字(同5800万円の赤字)、四半期純損益3800万円の赤字(同2億600万円の赤字)となった。
 

主力のスマートフォンゲーム『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい~』は、「美少女シューティング」への原点回帰を掲げ、コンテンツの集約に取り組んでいる最中であり、既存ユーザーの復帰によるDAUの回復など、一定の成果を確認した。社会的なe-sportsへの関心が高まっており、シューティングゲームとe-sportsの相性が良いことから、「原点回帰」と「e-sports」をキーワードに『ゴシックは魔法乙女』をさらなる成長軌道に乗せるべく運営していくという。

また、完全自社開発の新作ゲーム『三極ジャスティス』のクローズドβテストを2018年2月に実施した。テストの結果、ユーザーからの意見は好評だったものの、不具合の修正やプレイ感の向上など、満足度を上げた形でのリリースを目指すこととなり、2018年5月期中のリリース予定を2018年6月に変更することとなった。

■QonQでは31%増収、営業黒字転換を達成
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、売上高は前四半期比31.2%増の6億4700万円と増収を達成、営業損益は1100万円の黒字と黒字転換を果たした。前述の『ゴシックは魔法乙女』の原点回帰によるDAU回復の一定の成果が反映しているものと思われる。
 

なお、2018年5月期通期の予想は、『ゴシックは魔法乙女』1タイトルが売上高の80%以上を占めており、その動向によって会社業績が大きく左右される状況となっていることから、信頼性の高い通期の業績予想数値を算出することが困難とし、予想を非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブ17年12月-18年2月決算

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事