日本一ソフトウェアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(5/10)】最高業績更新のバンナムHDが40...

【ゲーム株概況(5/10)】最高業績更新のバンナムHDが4000円大台乗せ 2度目の増額発表の日本一ソフトも買われる ブランジスタは安値更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
5月10日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比88.30円高の2万2497.18円で取引を終えた。為替が1ドル=110円台に迫る水準まで円安方向に振れたことで、輸出関連株を中心に買いが先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、バンダイナムコHD<7832>が終値ベースでも4000円台に乗せるなど強さを見せた。バンナムHDは、前日5月9日に発表した2018年3月期決算が売上高、営業利益で過去最高を更新したことが素直に評価される格好となったようだ。

【関連記事】
【速報】バンナムHD、18年3月期は売上・営業益が過去最高 玩具とゲームが好調 スマホゲームは『ドッカンバトル』や『トレクル』『アイマス』シリーズが貢献

また、同様に決算関連で動意づいたのが日本一ソフトウェア<3851>だ。日本一ソフトは、前日5月9日に2度目となる2018年3月期の連結業績予想の上方修正を発表したことが買い材料となった。

【関連記事】
日本一ソフトが2度目の上方修正 18年3月期の営業益を4.7億円→6.5億円に38%増額 クローバーラボとの共同タイトル『魔界ウォーズ』が貢献

ほか、カヤック<3904>やアクセルマーク<3624>なども買われた。

半面、サイバーエージェント<4751>やマイネット<3928>、アカツキ<3932>などが売られた。前日5月9日に発表した第2四半期決算が3.3億円の営業赤字となったブランジスタ<6176>は年初来安値を更新した。

【関連記事】
ブランジスタ、第2四半期の営業は3.32億円の赤字に転落 「神の手」は人気アーティストやコンテンツとの企画を展開、テレビCMなど先行投資


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンダイナムコホールディングス日本一ソフトウェア

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 田口 三昭
決算期 3月
直近業績 売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事