18年1-3月決算、バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の広告宣伝は...

ドリコム、『アイドルマスターシャイニーカラーズ』の広告宣伝は「あまりやれていない」(内藤社長)ブラウザならではのフローを改善次第、着手する予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ


ドリコム<3793>の内藤裕紀社長は、本日(5月10日)の決算説明会で、バンダイナムコエンターテイメントより配信の『アイドルマスターシャイニーカラーズ』について、ネイティブアプリとの違いや改善ポイントの検証を行っている最中で、その改善が完了次第、プロモーション展開を本格的に行う考えを示した。

『アイドルマスターシャイニーカラーズ』は、4月24日より正式サービスが始まっているが、5月2日に総プレイヤー数(チュートリアルを開始した人)が50万人を突破した。これについて、内藤社長は「現状として事前登録をしていただいた方がほとんどでは」との見方を示し、ノンプロモーションでの集客であると述べた。これは逆に事前登録したファンの熱量の高さを伺わせるものでもある。

プロモーションを本格的にやっていない理由として、ユーザー登録や課金を行うためのクレジットカード登録など、ネイティブアプリにはない手続きがあるため、各段階でどのくらいのユーザーがやめてしまうのか、検証を行っているためとした。それぞれ指標と目標値を設定し、実験的に広告を出して流入してきたユーザーの動きを検証し、問題点の把握と改善を行っているそうだ。

つまり、現在はプロモーションを行ってユーザーを多く集めても各フローで取りこぼしてしまい、集客効率が悪いと判断しているわけだ。今後、フローの改善が進み、指標が目標値に達したところで、徐々にプロモーション展開を行っていくと想定している。また端末などユーザー環境によって発生する問題も把握しており、改修を進めているという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコムバンダイナムコホールディングスBXD

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事