18年1-3月決算、エクストリームに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エクストリーム、18年3月期は売上高0.8%減、営業益32....

エクストリーム、18年3月期は売上高0.8%減、営業益32.3%減 今期はEPARKの連結子会社化で売上高が大幅に拡大

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
エクストリーム<6033>は、5月14日、2018年3月期の連結決算を発表、売上高32億6100万円(前々期比0.8%減)、営業利益2億9500万円(同32.3%減)、経常利益2億9800万円(同31.2%減)、最終利益1億7400万円(同37.2%減)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①ソリューション事業…売上高32億1300万円(前々期比1.0%増)、セグメント利益7億2200万円(同12.7%減)
スマートフォンを中心とした開発案件における需要が引き続き堅調に推移し、人材ソリューションサービスにおける稼働プロジェクト数は4,428となった。

②コンテンツプロパティ事業…売上高5213万円(同51.2%減)、セグメント利益2400万円(同8倍)
主にライセンスサービスに力を入れ、保有IPである「改造町人シュビビンマン」の家庭用ゲーム化権の他社へのライセンスアウト、メサイヤ版権レトロゲーム8タイトルのダウンロード販売、生誕25周年記念「超兄貴祭」の開催、『桃色大戦ぱいろん』『うみにん』の人気コミュニケーションアプリ「コミコミ」への配信などを行った。

なお、2019年3月期通期の連結業績予想は、売上高56億9000万円(前期比74.5%増)、営業利益1億6300万円(同44.6%減)、経常利益1億6500万円(同44.6%減)、最終利益1億円(同42.8%減)の見込み。
 

5月11日付で開示した飲食店・病院・美容院・時間貸駐車場・エステサロンなどの予約サイト「EPARK(イーパーク)」を運営するEPARKの連結子会社化で売上高が大幅に拡大する想定となっている。

【関連記事】
エクストリーム、光通信系のEPARKと資本業務提携 「EPARK」開発会社を子会社化しシステムの開発にも参画


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年1-3月決算エクストリーム

企業情報(株式会社エクストリーム)

会社名 株式会社エクストリーム
URL https://www.e-xtreme.co.jp/
設立 2005年5月
代表者 佐藤 昌平
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事