クリーク・アンド・リバー社に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > C&R社、韓国現地法人と共同で「日韓ゲーム共同パブリッシング...

C&R社、韓国現地法人と共同で「日韓ゲーム共同パブリッシング事業」を開始 C&R社はローカライズやカルチャライズ、運営、配信を担当

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
クリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)<4763>は、韓国の現地法人CREEK & RIVER KOREA(以下、CRK)と共同で、韓国を中心に海外の人気スマートフォン(スマホ)ゲームを日本で配信する「日韓ゲーム共同パブリッシング事業」を開始することを発表した。

韓国のスマホゲームは、長らく韓国でPCオンラインゲームとして親しまれてきたタイトルをモバイル化したものが多く、独自の世界観と高いゲーム性を持ち合わせているのが特徴。近年、韓国のスマホゲームが日本においても大ヒットを記録するなど、日本でも地位を確立しつつある。

C&R社とCRKは、今回、そのような韓国の優れたゲームを日本のユーザーにプレイしてほしい、という想いから日韓ゲーム共同パブリッシング事業をスタートすることとなった。同事業において、CRKは韓国のスマホゲームの日本における販売権の取次を行い、C&R社がローカライズおよびカルチャライズ、運営、配信を担当する。

C&R社は現在、自社ゲームスタジオに約400名のクリエイターが在籍しており、2015年12月より配信をスタートしたスマホRPG『戦国修羅SOUL』では、アジア各地において、企画・開発・運営までを手掛けてい。また、CRKは韓国内のゲーム会社とのネットワークを活用し、2018年4月には『ファイブキングダム―偽りの王国―』(日本名)を取り次ぎ、今夏よりリイカと共同配信予定だ。今後、C&R社とCRKは連携を強化し、韓国の優れたゲームコンテンツを、より多くの日本のユーザーに届けていくとしている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( クリーク・アンド・リバー社

企業情報(株式会社クリーク・アンド・リバー社)

会社名 株式会社クリーク・アンド・リバー社
URL http://www.cri.co.jp/
設立 1990年3月
代表者 井川幸広
決算期 2月
直近業績 売上高175.32億円、営業利益9.92億円、経常利益10.35億円、当期純利益3.34億円(2013年2月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 4763

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事