SERVANT of THRONES(サーヴァント オブ スローンズ)、CyberZに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームeSPORTS記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【RAGE 2018 Summer】「RAGE SERVAN...

【RAGE 2018 Summer】「RAGE SERVANT of THRONES IMPERIAL」初代王者は「メイジさん」選手に決定!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

CyberZとエイベックス・エンタテインメントは、本日(6月17日)、幕張メッセにて、国内最大級のeスポーツイベント『RAGE 2018 Summer』を開催している。その中で、スクウェア・エニックスが配信するリアルタイムカードバトル『SERVANT of THRONES(サーヴァント オブ スローンズ)』の公式全国大会「RAGE SERVANT of THRONES IMPERIAL」の決勝大会を実施した。

なお、試合の模様はOPENREC.tvにて放送された。

【RAGE SERVANT of THRONES IMPERIAL GRAND FINALS】
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/live/IcHkmneK0v9

 

本大会には、6月上旬に「西日本」「東日本」で開催されたオフライン予選を勝ち抜いた「まーや選手」「クラリネ選手」「メイジさん選手」「アルトリア選手」の4名が参戦。ファイナリストの中から、見事、メイジさん選手が優勝を果たした。


▲優勝したメイジさん選手には、賞金400万円と特別称号「猛々しき救世の覇道」が贈られた。

本大会では、トーナメントルールにダブルエリミネーション方式を採用。それぞれ異なるロードおよびカードで構築されたデッキを事前に登録し、最大3ゲームのBO3で先に2ゲーム勝利した選手が試合に勝利する形となっていた。なお、1度勝利したデッキは同じ試合で再び使用することはできない。


▲本大会のトーナメントはダブルエリミネーション方式のため、一度負けた選手にも敗者復活のチャンスが与えられる。


▲進行MCは辻よしなりさん(写真右)、折井あゆみさん(写真左)が務めた。


▲実況解説を務めたササさん、飛鳥☆さん、ネモさんの3名。

決勝戦は、ここまで負けなしで勝ち進んだメイジさん選手と、LOSERSトーナメントを勝ち進んだアルトリア選手と、奇しくも1回戦と同じマッチアップに。白熱のバトルが繰り広げられたが、アルトリア選手が得意とするぺルセポネをメイジさん選手が防ぎ切り、2-0という結果で勝利を掴んだ。優勝したメイジさん選手は表彰式にて「僕だけの力で優勝できたわけではないので、力を貸していただいた方々には恩返しをしたいと思います。本当にありがとうございました」と大会の感想を口にした。




大会終了後には、RAGEプロデューサーである大友真吾氏が登壇。大友氏は「予選から非常に多くの方に参加いただいて、決勝大会に勝ち上がった4名にもとても熱い戦いを繰り広げていただきました。僕らとしても、ひとつ夢のシーンを作る手助けをできたのかなと感じています」とコメントした。



最後に優勝者であるメイジさん選手にお話を伺えたので、その内容をお届けしていく。

●優勝者インタビュー
――:今回、特に対処が難しかった相手を挙げるとすればどなたでしょうか?

メイジさん選手:アルトリアさんのぺルセポネがかなり厳しかったです。

――:普段戦われることはあるのでしょうか?

メイジさん選手:アルトリアさんとは闘技場で一度しか戦ったことがありません。その時はRAGE前だったのですが、西日本予選の配信を見て「この方も勝ち上がっているんだ」と知りました。

――:今日、使用されたデッキにはどのような狙いがあったのでしょうか?

メイジさん選手:まず東日本予選で勝率100%だったディアナは今回もほぼそのまま採用しました。「災厄の塔」を使ったデッキは、他の対戦相手の方々が「災厄の塔」に対するメタを張ってくると予測し、従来の形とは異なる少し重めのデッキにしました。3つ目のデッキは今回、使用しなかったのですが、オレールを使った枯渇デッキやアルトリアさんの使用したぺルセポネデッキに有利なデッキを用意していたのですが、今回は使う勇気がなく見せられなかったのが残念です。

――:今回の大会は全試合2-0という結果だったのですが、BO3という形式では一度負けてしまうとメンタル的な部分でも立て直しにくいのでしょうか?

メイジさん選手:どのゲームもそうなんですけど、BO3では第1バトルに負けてしまうと次負けられない、2連勝しないと勝ち抜けないというプレッシャーが掛かりますので、そこから攻め急いだりプレイングミスに繋がることはあるかもしれないです。

――:試合の中の駆け引きで、不利な場面ではどのようなことを考えられていたのでしょうか?

メイジさん選手:デッキタイプにもよるのですが、引き分けが狙えそうな「災厄の塔」のデッキだとあえて全く攻めずに6分経過するまで耐えたり、別のタイプのデッキだと相手が攻撃してきたところを見て反対側を狙うなど、状況に応じて考えていました。

――:賞金の使い道を教えてください。

メイジさん選手:一部は大学の学費に充てて、余った分は友人や家族など、優勝するためにサポートしてくれた方々に恩返ししていきたいと思います。

――:今後に向けて意気込みをお願いします

メイジさん選手:優勝はしましたが、プレイングで自分が1番上手いとは思っていません。今回、RAGEに出場しなかった方の中にも強い方はまだまだおられますので、こちらも上達するために頑張っていきたいと思います。


優勝:メイジさん選手
準優勝:アルトリア選手
3位:まーや選手
4位:クラリネ選手

 
(取材・文 編集部:山岡広樹)



■『サーヴァント オブ スローンズ』​(SERVANT of THRONES)
 

公式サイト

公式Twitter

App Store

Google Play


© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高1922億円、経常利益341億円、最終利益279億円(2018年3月期)
上場区分 東証1部(スクウェア・エニックス・ホールディングス)
証券コード 9684

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL https://cyber-z.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事