シリコンスタジオに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(6/19)】全体市場が軟調な中でカプコンが健...

【ゲーム株概況(6/19)】全体市場が軟調な中でカプコンが健闘 コンテンツ事業の譲渡を発表したシリコンスタジオは大幅続落 ミクシィは安値更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
6月19日の東京株式市場では、日経平均株価は大幅続落し、前日比401.85円安の2万2278.48円で取引を終えた。トランプ米大統領が中国の知的財産侵害に対する制裁関税の検討を指示したと伝えられたことで、国内市場も米中摩擦激化を警戒した売りが朝方から先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、総じて軟調な推移が目立つ中で、カプコン<9697>が買われた。カプコンは、明日6月20日にカプコンTVでE3特集の生放送を実施する予定であり、何らかの新情報が発表されるのではとの期待感が先行する格好となっているようだ。

また、日本ファルコム<3723>やエディア<3935>、コナミHD<9766>などがしっかり。

半面、スクウェア・エニックス<9684>が4日ぶりに反落し、ミクシィ<2121>やケイブ<3760>、オルトプラス<3672>、gumi<3903>、アカツキ<3932>などが年初来安値を更新した。

前日にコンテンツ事業を会社分割により新設会社スタジオリボルバーに承継し、そのスタジオリボルバーの株式の90%をクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>に譲渡すると発表(関連記事)したシリコンスタジオ<3907>は大幅続落し、終値ベースで1700円台を割り込んだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( シリコンスタジオ

企業情報(シリコンスタジオ株式会社)

会社名 シリコンスタジオ株式会社
URL http://www.siliconstudio.co.jp
設立 2000年1月
代表者 会長:関本晃靖、社長:寺田健彦
決算期 11月
直近業績 売上高61億1500万円、営業損益12億5100万円の赤字、経常損益12億200万円の赤字、最終損益11億3700万円の赤字(2017年11月)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3907

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事