18年3-5月決算、ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ケイブ、18年5月期は減収・赤字幅縮小 大規模プロモーション...

ケイブ、18年5月期は減収・赤字幅縮小 大規模プロモーションの抑制など費用削減 『ゴ魔乙』は原点回帰でKPI改善、eSports展開を意識

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ケイブ<3760>は、本日(7月12日)、2018年5月期の単独決算を発表し、売上高23億6600万円(前の期比16.1%減)、営業損益6900万円の赤字(前の期2億2000万円の赤字)、経常損益8800万円の赤字(同2億2900万円の赤字)、最終損益7000万円の赤字(同3億9100万円の赤字)と、減収・赤字幅縮小となった。

 


同社では、前の期(2017年5月期)に行った大規模プロモーション展開を抑制するなど広告宣伝費を減らす一方、版権コラボイベントを中心としたプロモーションを展開した、としている。売上高が減少したものの、コスト削減により収益性が改善したとのこと。新作『ロード・オブ・ダンジョン』が初動は良好だったが、その後、伸び悩んだことで営業

個別タイトルの動向は以下のとおり。

主力の『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい~』の「美少女シューティング」への原点回帰を掲げ、特にシューティング要素の強化に注力してきたという。その結果、DAU(日次アクティブユーザー)の回復や課金率の増加など、既存ユーザーの呼び戻しによる一定の効果を確認できているそうだ。今後も「eスポーツ」を意識しつつ、シューティングゲームへの「原点回帰」を進める方針。また4月には『ゴシックは魔法乙女』の台湾版『發射吧!少女!』がガンホー・ガマニア社から台湾・香港・マカオでリリースした。

昨年11月にリリースした海外ゲーム輸入パブリッシングタイトル『ロード・オブ・ダンジョン』については、リリース直後には想定を上回る売上の伸びがあったが、海外で開発されたゲームであり、日本のユーザーに合わせた運営体制を取れなかったことからユーザーの流出を招き、その後、伸び悩んだという。『三極ジャスティス』のリリース遅延と合わせて営業赤字の一因になった、としている。現在は運営体制を見直し、日本向けに改良を行いつつプロモーションを強化し、再度の浮上を目指している。

このほか、今期に入ってリリースした新作ゲーム『三極ジャスティス』については、ユーザーの動向に注視しつつ改善を加えている最中とした。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年3-5月決算ケイブ

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事