18年4-6月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算】Aiming、第2四半期の営業損益は赤字幅拡大も増収...

【決算】Aiming、第2四半期の営業損益は赤字幅拡大も増収に転じる 四半期ごとの赤字幅は縮小傾向に【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
Aiming<3911>は、本日(7月27日)、第2四半期累計(2018年1~6月)の連結を発表し、売上高37億9000万円(前年同期比4.7%増)、営業損益11億1400万円の赤字(前年同期9億2700万円の赤字)、経常損益11億3400万円の赤字(同9億3000万円の赤字)、最終損益11億3800万円の赤字(同9億4900万円の赤字)だった。

 


定性情報については記載なし。後に決算説明資料を開示するとはいえ、投資家に対する説明として、こうした開示方針が妥当なのか、議論の余地はありそうだ。

なお、2018年12月通期の見通しは非開示。第3四半期の予想を発表しており、売上高55億3400万円(前年同期比10.9%増)、営業損益12億3900万円の赤字、経常損益12億6000万円の赤字、最終損益12億6700万円の赤字を見込む。

 


第2四半期が増収となり、第3四半期の見通しも10%強の増収となるなど、ここ最近続いていた減収の下げ止まりがみられる。さらに第3四半期会計期間の営業損益も1億2500万円の赤字と第1四半期の6億7800万円の赤字、第2四半期の4億3600万円の赤字から急速に縮小する見通し。


【追記】
第2四半期(4-6月)の業績は、売上高18億2100万円、営業損益4億3600万円の赤字、経常損益4億4200万円の赤字、最終損益4億4400万円の赤字だった。続く第3四半期(7~9月)は、売上高17億4400万円、営業損益1億2500万円の赤字、経常損益1億2600万円の赤字、最終損益1億2600万円の赤字となる見通し。

売上高と営業利益の四半期別推移を見たグラフだが、赤字幅が直近で縮小していることがわかる。
 
※2018年7-9月は予想値。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年4-6月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事