コナミホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(8/1)】好決算発表の任天堂が大幅反発 レー...

【ゲーム株概況(8/1)】好決算発表の任天堂が大幅反発 レーティング引き上げのコーエーテクモも高い 決算嫌気したドリコムが年初来安値更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
8月1日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸。前日比192.98円高の2万22746.70円で取引を終えた。米国株式市場の上昇や円安を受けて、朝方から買い優勢となった。ソニーが上方修正したことを受けてハイテク株の一角が買われたほか、長期金利の上昇を背景に銀行株も堅調だった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>が大幅反発。前日に発表した第1四半期(4~6月)の連結で、売上高1681億円(前年同期比9.1%増)、営業利益305億円(同88.4%増)と大幅な増益となったことが好感された。野村證券が投資判断「Buy」の継続、目標株価を5万9000円から6万円に引き上げた。

コーエーテクモホールディングス<3635>が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社のレーティングを「アンダーウエート」から「ニュートラル」、目標株価を1960円から2340円に引き上げたことが材料視されたとのこと。

コナミホールディング<9766>は小安い。前日発表した第1四半期決算は、売上高584億円(前年同期比4.9%増)、営業利益118億円(同3.1%減)と増収減益だった。野村證券が「Buy」の継続としつつ、目標株価を7100円から6200円に引き下げたとのこと。

他方、ドリコム<3793>が急落。年初来安値を更新した。前日に発表した第2四半期の業績予想が引き続き赤字としたことや、「enza」の収益化が遅れる見通しとしたことが嫌気されたようだ。ザラ場では700円を割り込む場面もあった。



■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事