18年4-6月決算、東映アニメーションに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 東映アニメ、中国向けアプリ展開を強化 『ドラゴンボール』『O...

東映アニメ、中国向けアプリ展開を強化 『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『デジモン』を18年中に配信 『スラムダンク』と『Dr.スランプ アラレちゃん』も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
東映アニメーション<4816>は、第1四半期(4~6月)の決算説明会資料を公開し、中国向けのゲームアプリ向け展開を強化していく方針を明らかにした。アニメなどの映像事業と並んで大きな収益を上げている版権事業だが、中国向けを中心とする海外配信を強化することでさらなる拡大を狙う。

発表された資料によると、『龙珠Z 覚醒』、『ONE PIECE』題材の『航海王燃焼意志』、『龙珠 最強之戦』、『デジモン:相遇』を年内にリリースもしくはクローズドβテストを行うという。さらにリリース時期は未定ながら、人気作品『スラムダンク』と『Dr.スランプアラレちゃん』のゲームアプリについてもリリースを予定しているとのこと。

 


なお、既報のよう、東映アニメの第1四半期(4~6月)の版権事業の業績は、売上高79億円(前年同期比24.8%増)、セグメント利益37億円(同23.9%増)と20%超の増収増益を達成。国内版権部門で『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が国内外で好調に稼動したほか、新作ゲームアプリ『ドラゴンボール レジェンズ』、家庭用ゲームソフト『ドラゴンボール ファイターズ』などが寄与した、としている。

 
▲国内では『ドラゴンボール』関連の版権売上高の金額およびシェアが高まっていることが確認できる。

 
▲海外でゲームアプリおよび家庭用ゲームに関連する版権売上高が伸びている。北米とアジアでの伸びが著しい。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年4-6月決算東映アニメーション

企業情報(東映アニメーション株式会社)

会社名 東映アニメーション株式会社
URL http://corp.toei-anim.co.jp/
設立 1948年1月
代表者 高木 勝裕
決算期 3月
直近業績 売上高336億円、営業利益47億円、経常利益52億円、当期純利益32億円(2013年3月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4816

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事