ファイアーエムブレム ヒーローズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【Mobile Index調査】2018年上半期(1月~6月...

【Mobile Index調査】2018年上半期(1月~6月)のモバイルゲーム海外売上高…首位は『FGO』で海外売上144億円を達成 北米は『ドッカンバトル』が制す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
「Mobile Index」を運営するIGAWorksは、2018年上半期(1月~6月)におけるモバイルゲームの海外売上高を調査し、その結果をまとめたレポートを公開した。

その調査によると、中国・韓国・台湾などアジア圏で『Fate/Grand Order』(以下『FGO』)が首位を獲得し、米国では『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』(以下『ドッカンバトル』)が首位になったという。

■中・韓・台で1位取った『FGO』、米国1位は『ドッカンバトル』、少年ジャンプとFate IPが人気
2018年上半期、中国・韓国・台湾に進出した売上1位の日本スマホゲームは『FGO』だった。 FGOは中国で73億円、韓国で24億円、台湾で10億円の売上を出した。

一方、米国では『ドッカンバトル』が売上76億円を記録、米国に進出した売上1位の日本スマホゲームになりました。2位のファイアーエムブレムヒーローズは51億円、FGOは36億円になりました。    



同期間、海外売上1位のタイトルは『FGO』だった。『FGO』は2018年上半期の海外売上144億円を達成、個別タイトルの海外売上33%を占めた。2位の『ドッカンバトル』は売上106億円、3位『ファイアーエムブレムヒーローズ』は売上52億円を記録した。スマホゲームの海外売上分析結果、同期間分析した日本スマホゲーム売上と異なる様子になった。

売上1位ジャンルはRPG。2018年上半期、RPGジャンルは海外売上202億円を記録、これは全体売上の46.5%に達する数値を記録した。



<レポート目次>
1. 2018年上半期海外進出したスマホゲームの規模分析
2. 2018年スマホゲーム、ジャンル・タイトル別売上分析
3. 2018年上半期海外進出スマホゲームの国家別売上1位分析

▼レポート原文は下記のリンクより閲覧可能
http://www.mobileindex.com/report/report_view.asp?s=55

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事