18年4-6月決算、ガーラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガーラ、1Qは売上高51%増ながら7600万円の営業赤字を計...

ガーラ、1Qは売上高51%増ながら7600万円の営業赤字を計上 『Flyff Legacy』が欧米向けに好調…半面そのマーケティング活動費用が増加

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガーラ<4777>は、8月10日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高2億4700万円(前年同期比51.7%増)、営業損益7600万円の赤字(前年同期8100万円の赤字)、経常損益7300万円の赤字(同8300万円の赤字)、最終損益7300万円の赤字(同8300万円の赤字)となった。『Flyff Legacy(フリフレガシー)』の欧州と米国向け売り上げの拡大が大幅な増収につながった。
 

①日本セグメント…売上高2200万円(前年同期比74.2%減)、セグメント損益4900万円の赤字(前年同期3700万円の赤字)
『Flyff Legacy(フリフレガシー)』日本語版について、開発及び運営業務の効率化を図るため、連結子会社Gala Labがグローバルサービスを開始し、2018年5月にパブリッシャーが連結子会社ガーラジャパンからGala Labに変更になった。そのため、『Flyff Legacy(フリフレガシー)』日本語版の売上が韓国セグメントで計上されることになり、日本セグメントの売上が減少した。

また、『Arcane(アーケイン)』の売上が減少したため、前期と比較し売上高(内部取引を含む)が減少した。一方、費用面では、『Arcane(アーケイン)』に係るマーケティング活動費用が前年同期と比較して減少した。

なお、韓国のゲーム開発会社Fox Gamesが開発したスマートフォンゲームアプリ『FOX-Flame Of Xenocide-(フォックス)』の日本でのサービス提供に関し、ガーラジャパンは、2018年5月にライセンス契約を締結し、日本語版の配信に向けて準備を行っている。

②韓国セグメント…売上高2億4100万円(前年同期比142.4%増)、セグメント損益2700万円の赤字(前年同期4000万円の赤字)
スマートフォンアプリ事業において、『Flyff Legacy(フリフレガシー)』について、5月に開発及び運営業務の効率化を図るため、一部の地域を除き、Gala Labが『Flyff Legacy(フリフレガシー)』のグローバルサービスを開始したため、売上高が増加した。

一方、オンラインゲーム事業では、Gala Labの主力ゲーム『Rappelz(ラペルズ)』および『Flyff Online(フリフオンライン)』において、ユーザーへのアイテム販売が減少したことにより売上高が減少した。

費用面では、『Flyff Legacy(フリフレガシー)』に係るマーケティング活動費用が、前年同期と比較して増加した。

なお、2019年3月期通期の予想については、合理的な業績予想の算定が困難であるため非開示としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年4-6月決算ガーラ

企業情報(株式会社ガーラ)

会社名 株式会社ガーラ
URL http://www.gala.jp/
設立 1993年9月
代表者 菊川曉
決算期 3月
直近業績 売上高21.69億円、営業赤字8.20億円、経常赤字8.65億円、当期純損失22.68億円(2013年3月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 4777

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事