18年4-6月決算、ファンコミュニケーションズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ファンコミ、第2四半期の営業益は26%減の22億円…ITPの...

ファンコミ、第2四半期の営業益は26%減の22億円…ITPの影響でターゲティング型アドネットワークが低調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ファンコミュニケーションズ<2461>は、8月6日、第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表し、売上高183億円(前年同期比7.4%減)、営業利益22億円(同24.6%減)、経常利益24億円(同22.2%減)、最終利益16億円(同30.3%減)だった。

 
 

減収減益での着地となったが、同社では、プラットフォーマーによるITP(Intelligent Tracking Prevention)の実装やバナー表示方法の適正化などの影響でターゲティング型アドネットワークの収益が落ち込んだことに加え、人件費等の固定費が増加したため、としている。

セグメント別の状況は以下のとおり。

① CPA型アドネットワーク事業
売上高130億円(同2.2%減)、全社費用控除前の営業利益24億円(同7.0%減)だった。A8.net(エーハチネット)はITPや検索アルゴリズムの影響を受けたものの、美容カテゴリの売上が伸長し、seedApp(シードアップ)は利用広告主数が順調に拡大し、堅調に推移した。一方、adcropsはアドフラウドの影響を受け、CPA型アドネットワーク事業の売上高は減収となった。


② CPC/ターゲティング型アドネットワーク事業
売上高49億円(同23.8%減)、全社費用控除前の営業利益4億円(同55.2%減)だった。ITPの影響によってCookieをベースにしたターゲティング広告の鈍化、ソーシャルメディアへの広告予算の集中や広告配信先メディアの精査、バナー表示方法の適正化等の影響で売上高が伸び悩んだ。また、利益面では動画広告等の先行投資が継続したことも響いた。


③ その他
売上高3億円、全社費用控除前の営業赤字0.55億円だった。グループ会社に加わったシーサーが運営する「Seesaaブログ(シーサーブログ)」を代表とするメディア事業等を展開している。バナー表示方法の適正化等の影響で売上高が伸び悩んだ。また、利益面では、のれんの償却額も加わったという。


2018年12月通期は、売上高382億円(前期比2.1%減)、営業利益49億円(同13.4%減)、経常利益51億円(同11.5%減)、最終利益35億円(同17.1%減)を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ファンコミュニケーションズ18年4-6月決算

企業情報(株式会社ファンコミュニケーションズ)

会社名 株式会社ファンコミュニケーションズ
URL http://www.fancs.com/
設立 1999年10月
代表者 柳澤 安慶
決算期 12月
直近業績 売上高144億8200万円、営業利益22億4500万円、経常利益23億0400万円、当期純利益16億3900万円(2012年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 2461

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事