18年4-6月決算、マイネットに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > マイネット、2Qは売上高4.9%減、4.2億円の営業赤字を計...

マイネット、2Qは売上高4.9%減、4.2億円の営業赤字を計上 期中はグラニタイトルなど4タイトルを仕入 四半期ベースでの過去最高売上と回復示す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
マイネット<3928>は、8月14日、2018年12月期の第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表、売上高55億3300万円(前年同期比4.9%減)、営業損益4億2900万円の赤字(前年同期2億1100万円の黒字)、経常損益4億5800万円の赤字(同1億8900万円の黒字)、最終損益35億2800万円の赤字(同1億7700万円の赤字)となった。
 

第2四半期累計期間は、グラニのスマートフォンゲーム『神獄のヴァルハラゲート』に関する事業を会社分割して新設された株式会社GMGの子会社化、同社から『黒騎士と白の魔王』の配信権の獲得などにより、4タイトルの仕入(同会計期間では4タイトル)と2タイトルのエンディング(同会計期間では1タイトル)と契約終了に伴う2タイトルの運営終了(同会計期間では2タイトル)を行った。その結果、第2四半期末の全運営タイトル数は36タイトルとなった。

また、2018年3月1日に同社グループが運営するゲームサービスの一部サーバーに対する不正アクセスが発生し、13タイトルに長時間メンテナンスなどの影響が及んだことなどにより第1四半期期間において業績に大きな影響を与えたが、順次タイトルの再開を進め、2018年7月26日をもってサービス停止した13タイトル全てのゲームが再開した。なお、上記の問題による影響だが、売上高については、第2四半期期間(4~6月)は四半期ベースで過去最高の売上高を達成するなど回復傾向を見せた。
 

なお、2018年12月期通期の業績予想については、従来予想からレンジの修正を実施しており、売上高116億3300万円~119億3300万円(前期比2.7%減~0.2%減)、営業損益4億1000万円の赤字~2億5000万円の赤字、経常損益4億5800万円の赤字~2億5000万円の赤字、最終損益35億2800万円の赤字~33億8800万円の赤字になる見通しとしている。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社マイネット)

会社名 株式会社マイネット
URL http://mynet.co.jp/
設立 2006年7月
代表者 上原 仁
決算期 12月
直近業績 売上高121億3300万円、営業利益1700万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益32億5700万円の赤字(2018年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3928

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事