Shadowverse(シャドウバース)、Cygamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】『シャドウバース』夏の祭典「シャドバ甲子園」開催...

【イベント】『シャドウバース』夏の祭典「シャドバ甲子園」開催中! 関東予選大会の様子をレポート!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
 
Cygamesは、7月下旬から『シャドウバース』の高校生大会「全国高校生シャドバ甲子園2018」の地区予選を全国で開催している。8月12日には、関東地区予選が開かれた。本稿では、関東地区予選大会の様子をレポートしていく。
 
「シャドバ甲子園」には、全国の高校生たちが、同じ学校に通う3人でチームを結成して参加する。まずは、地区予選大会が開催され、各地区からそれぞれ勝ち上がった合計16チームが本選に出場できる。
 
関東地区予選大会には、首都圏の1都7県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、千葉県、東京都、神奈川県)の高校生たちが集まり、しのぎを削る熱い戦いを繰り広げた。今大会ではスイスドロー形式で6回戦を行い、成績上位のチームがプレーオフへと進出する。
 
 
▲会場となったベルサール高田馬場ホールの半分近くが試合用のスペースで埋め尽くされていた。
 
 
▲試合形式は3人1組のチーム戦。2名はローテーション(BO3)、1名は2Pick(BO1)での試合となる。
 

会場内には、対戦が終了した次の試合を待つまでの休憩エリアや充電コーナーの他にも、「放課後バトルエリア」、「有名プレイヤー対戦&デッキ相談コーナー」といった対戦を楽しめるブースが設置されていた。
 
「放課後バトルエリア」では、BO1形式のチーム戦を行い、勝利数の多かったチームに、リアルプロモーションカードが配布される。惜しくも敗退が決定したチームが集まり、和気藹々とした雰囲気で対戦を楽しんでいた。
 
 
▲「放課後バトルエリア」は常に超満員。参加者たちは、まさに『シャドバ』漬けの1日となっていた。


▲当日配布されていたリアルプロモーションカードのうちの1枚。封入カードはランダムになっているので、開封しながら一喜一憂している姿も見られた。
 
その隣に設営されていたのは、「有名プレイヤー対戦&デッキ相談コーナー」のブース。この日は、最終兵器俺達こーすけさんと、つるおか(かものはし)さんの2名が登場した。
 
 
 

▲最終兵器俺達こーすけさん
 

▲つるおか(かものはし)さん
 

▲これらの対戦スペースの近くには記念撮影用のスペースも用意されていた。
 
6回戦を終えたところで、成績上位の25チームが発表され、プレーオフへの進出者が決定した。ここからさらに、6枠しかない本選進出の権利を賭けた、トーナメント3回戦が行われた。
 
 
 
 
▲参加チームが5チームとなったAブロックのみ、準々決勝が行われた。
 
最後まで残ったプレーオフファイナルの前には、残った12チームを紹介がされた。なかには、「RAGE Shadowverse Dawnbreak, Nightedge」でファイナリスト経験のあるペペ3932さんの姿もあり、注目を集めていた。
 
 
 
 
 
最終試合となる、プレーオフファイナルでは、スイスドロー6回戦で全勝した千葉県立千葉商業高等学校の「おかゆ」チームと、神奈川県立上鶴間高等学校の「MRT」チームの対戦の様子が、フィーチャーマッチとして会場内のモニターに映し出された。
 


▲写されたのは、ローテーションマッチの様子。最終兵器俺達こーすけさんと、つるおか(かものはし)さんが、実況と解説を担当し、この日最後の試合を盛り上げた。
 
フィーチャーマッチのローテーションを制したチーム「MRT」は、残る2戦でも勝利を掴み、見事スイスドロー1位のチーム「おかゆ」を破った。
 

 
ここからは続々と、他ブロックの勝者も集まってきた。最後に、本選進出を決めた6チームを、チームリーダーの勝利コメントとともに紹介する。
 
●Aブロック:神奈川県立上鶴間高等学校「MRT」

勝利コメント「僕自身は負けてしまったので、悔しい気持ちはありますが、ふたりのおかげでチームとして勝利できたのはとても嬉しいです。」
 
●Bブロック:私立高輪高等学校「この輝き、ゆいいつむに!」
 
勝利コメント「去年のリベンジが果たせてめっちゃ嬉しいです。全国大会も頑張るので応援よろしくお願いします!」
 
●Cブロック:東京都立杉並高等学校「くうくうくう三三七拍子」
 
勝利コメント「長い戦いになりましたが、最後はライフ1点で耐えきって勝ちました!」
 
●Dブロック:東京都立晴海総合高等学校「2人が弱い」

勝利コメント「僕は負けちゃったんですけど、ふたりが勝ってくれたので……ふたりが弱いと言ってますけど勝っちゃいました。決勝ではふたりが強いに改名してるかもしれないです。」
 
●Eブロック:東京都立新宿山吹高等学校「みきるん」

勝利コメント「プレーオフでは、自分は2回とも負けてしまったんですけど、ふたりが頑張ってくれたので感謝しかないです。」
 
●Fブロック:私立学習院高等科「さよなら高校生」

勝利コメント「正直勝てるとは思ってなかったんですけど、ここまで勝ち残れたので……言葉にならないぐらい嬉しいです。ありがとうございます。」
 
 
「シャドバ甲子園」の決勝大会は、8月24日、25日の2日に渡って開催される。「RAGE」にも負けない激戦が繰り広げられる「シャドバ甲子園」の頂点に立つのは、果たしてどのチームになるのか。この夏は、本家の甲子園だけでなく、「シャドバ甲子園」の動向にも注目してみてはいかがだろうか?

 
​(取材・文 ライター:宮居春馬)
 

「シャドバ甲子園2018」特設サイト

 
■『Shadowverse』(アプリ版)
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式twitter

 
■『Shadowverse』(PC版)
 

DMM GAMES版

Steam版


 
© Cygames, Inc.
Copyright (C) since 1998 DMM All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事