アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(8/15)】中国当局が新規タイトルの認可凍結...

【ゲーム株概況(8/15)】中国当局が新規タイトルの認可凍結報道でゲーム関連が総じて安い エクストリームがS高で9000円台に 上方修正のBOIも急反発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
  • 企業データ
8月15日の東京株式市場では、日経平均は反落。前日の米国株の上昇と為替の円安を手がかりに買い優勢で始まったが、戻り売りに押された。ゲーム関連株が売られたこともあり、下げ幅は一時245円安に到達する場面もあったが、引けにかけて押し目買いが入り、下げ幅を縮小した。

こうしたなか、ロイターなど複数の通信社・報道機関によると、中国当局がモバイルやPC、コンソールなどプラットフォームを問わず、新規のゲームライセンスの承認を凍結したと報じており、アジア全体のゲーム株が売られた。中国での売上比率の大きいネクソン<3659>が後場に入って一段安となったほか、任天堂<7974>、カプコン<9697>、スクエニHD<9684>もさえない。

アエリア<3758>が年初来安値を更新。昨日(8月14日)、2018年12月通期の業績予想を下方修正し、営業利益を40億円から34億円に、最終利益を30億円から9億円に引き下げたことが嫌気されたようだ。最終利益は一転して減益になる見通し。また子会社リベル・エンタテインメントで役員が交代することが明らかになったことも売りを誘う要因となったという。

バンク・オブ・イノベーション<4393>が急反発。前日(8月14日)、2018年9月期通期の業績予想について、売上高を47億8900万円から49億円、営業利益を3億0700万円から4億円にそれぞれ上方修正したことが手がかり材料視されたようだ。スマートフォンゲーム会社の決算で苦戦する会社が相次ぐなか、上方修正がポジティブサプライズと受け止められた。

エクストリーム<6033>がストップ高。『ラングリッサー』海外スマートフォン版について現地売上に応じて一定の料率のロイヤルティ(対価)を得るビジネスモデルと明かしたことが好感された。ロイヤルティ料率は非開示だが、業績貢献への期待が高まっている。8月中旬~下旬に、Android版、さらに日本語版も含む海外展開も計画しているという。



■ゲーム関連株一覧
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ネクソンバンク・オブ・イノベーションエクストリーム

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高158億7100万円、営業利益26億9100万円、経常利益27億6000万円、当期純利益20億8000万円(2017年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

企業情報(株式会社バンク・オブ・イノベーション)

会社名 株式会社バンク・オブ・イノベーション
URL http://www.boi.jp/
設立 2006年1月
代表者 樋口智裕
決算期
直近業績 非公開
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社エクストリーム)

会社名 株式会社エクストリーム
URL https://www.e-xtreme.co.jp/
設立 2005年5月
代表者 佐藤 昌平
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事