18年5-7月決算、gumiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > gumi、第1四半期はQonQで営業赤字幅拡大 新作開発費な...

gumi、第1四半期はQonQで営業赤字幅拡大 新作開発費など先行投資で 続く第2四半期も赤字幅は拡大する見通し

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
gumi<3903>が本日(9月7日)発表した第1四半期(5~7月)の連結決算は、売上高60億1500万円(前四半期比[QonQ]0.7%減)、営業損益2億5100万円の赤字(前四半期1億5800万円の赤字)、経常損益4300万円の赤字(同2億0500万円の赤字)、最終利益7400万円(同2億7900万円の赤字)だった。

同社によると、『ファントム オブ キル(ファンキル)』や『誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)』、『クリスタル オブ リユニオン』など主力タイトルの売上が堅調に推移したものの、前期にリリースした新規タイトルの売上寄与は限定的だったことから売上高についてはQonQで同水準で着地した、としている。
 


営業損益については、新規タイトルへの開発投資を強化したことに伴い、売上原価が前四半期の43億4700万円から46億9200万円に増えた。特に人件費や外注費が増えたとのこと。ただ、大型プロモーションを控えたこともあって、広告宣伝費は同26.7%減の7億9400万円にとどまった。
 


第2四半期(8~10月)は、売上高61億円(QonQ1.4%増)、営業損益5億円の赤字、経常損益5億円の赤字と赤字幅拡大を見込む。開発費が増える見通し。新規タイトルの開発が進捗しており、外注費の増加が見込まれるという。また『ファンキル』や『タガタメ』の大型プロモーションや、新作のプロモーションも費用負担となる。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumi18年5-7月決算

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事