東京ゲームショウ2018(TGS2018)、DMM GAMESに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【TGS2018】DMM GAMES、"事業戦略 2018"...

【TGS2018】DMM GAMES、"事業戦略 2018"に関する発表会を実施 グローバル向けにゲームに特化したプラットフォームをゼロから作る"グローバルサイト"を発表

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

DMM GAMESは、9月20日~23日にかけて幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2018において、開幕初日(20日)に「DMM GAMESの事業戦略 2018」をステージで実施した。

登壇した同社の林研一氏(企画営業本部 本部長)は、事業戦略について"17年度 サービス概況"、"プロダクト概況"、そして"プラットフォーム概況"という3つに項目を分けて説明を行った。


▲DMM GAMESの林研一氏。

まず、"17年度 サービス概況"ではDMM GAMESの会員数に触れ、2013年2月から右肩上がりに推移し、2018年2月で2007万アカウントであることを明かした。また、デバイス別会員割合は、2018年2月時点でPCが57.9%、スマートフォンが42.1%と、PCがDMM GAMESの強みであることを数字として示した。




そして男女別会員数と会員属性。男女比は男性が多いが、『刀剣乱舞』など女性向けタイトルの存在で女性層も全体のおよそ2割となっている。年齢は男性、女性とも20代が半数を占める形となった。

 

次に、出せる範囲でということで、売上に関するデータも公開。デバイス別売上推移を見ると、スマートフォンも増えてきているものの、やはりPCが過半数を超えており、DMM GAMESにおいてPCは根強いデバイスのようだ。





▲マネタイズ環境として紹介された課金率(月平均)の数字。


▲事前登録数が10万以上の新規タイトル数とその割合も。


続いて、プロダクト概況。リリース本数については116本で、やはりここでもPCタイトルが多くの割合を占めていた。そして注目すべき点として挙げられたのが、サードパーティのタイトルが前年よりも上積みされているところ。



なぜサードパーティが伸びているのか? という理由については、DMM GAMESが4月にプラットフォームのオープン化し、日本国外、特に中華圏からDMM GAMESでリリースしたいと問い合わせを受けているとのことで、グローバルとして増えているとのことだ。

また、スマホアプリをPCで配信するという点において、DMM GAME PLAYERの話題に。DMM GAME PLAYERはダウンロードコンテンツをプレイするためのランチャー。同社ではそれを日々改善しているとし、アプリをPCでプレイできるものを実装したエミュレーター"BlueStacks"を紹介。



合わせて、"開発言語に合わせたSDKを組み込むのみ"で、"より少ない導入運用工数でPC配信が可能に"なるF2Pアプリについても触れ、始めてPCをやってみようと思っているメーカーには最適なプロダクトとした。


▲実際にアプリプレイヤーを活用している一例として紹介されたDMM GAMES版『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』。

もう1つのプロダクトとして、"DMM GAMES 遊び放題"を紹介。国内では、ゲームの月額サービスに対する認知度はまだ低いということだが、DMM GAMESでは、そこに対しても積極的に展開している。

"DMM GAMES 遊び放題"は、1200以上の対象タイトルがあり、30日定額制で980円、2980円(R18も含む)のプランがある。




取り扱いコンテンツについて、PCゲームは専用DRMを実装するのみ。Androidアプリ(APK)も専用SDKを組み込み配信が可能に。そのSDKを現在開発しているという。

ちなみに"DMM GAMES 遊び放題"の会員数、タイトル数の水位はともに2017年8月から右肩上がりで、初回更新率が50~60%とその継続率の高さを特徴として挙げていた。今後は、国内はもちろん、インディーズ、グローバルにも積極的にアプローチしてタイトルを増やしていきたいとし、タイトルを大募集しているとのことだ。



最後に、プラットフォーム概況。まず、アップデート情報として、"DMM GAMES 遊び放題"については、クラウドゲーミングの本格導入やマッチング機能を考えているという。さらに、ブローバる向けにゲームに特化したプラットフォームをゼロベースから作るという目的のもと、グローバルサイトを2019年5月ローンチ予定で進めていることが明かされた。




昨年仕込んだものが順調に開花しているという林氏は、ユーザーが喜ぶものを提供し、メーカーに対してはつなぎやすさを追求することで、パブリッシャーとして、プラットフォームとしてさらに成長していきたいとまとめた。


他にも、本ステージでは先日設立が発表された、DMM GAMESのゲーム領域に投資するハンズオン支援型CVC「DMM GAMES Ventures」(関連記事)について、​上島尚久氏(経営企画室 室長) が説明。同氏からは、

1. 100%単独出資なため、柔軟かつ迅速な対応
2. DMM GAMESのネットワークとノウハウを用いた事業支援
3. 国内外へ積極的に投資
4. 新規IPの創出にもフォーカス


という、DMM GAMES Venturesの4つのポイントが挙げられ、興味のある企業に向けてアピールしていた。

※DMM GAMES Venturesの詳細はこちら
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( DMM GAMES東京ゲームショウ2018(TGS2018)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事