サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/2)】モバイルファクトリーが異彩高 F...

【ゲーム株概況(10/2)】モバイルファクトリーが異彩高 FC町田ゼルビア買収を発表のサイバーエージェントはさえない ブロッコリーは反発

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
10月2日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら3日続伸し、前日比24.86円高の2万4270.62円で取引を終えた。朝方はNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉の妥結を受けて買いが先行したものの、1991年以来、27年ぶりの高値水準まで買われてきたこともあり、利益確定の売りに押される格好で上げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体に軟調な銘柄が目立つ中で、モバイルファクトリー<3912>が異彩高となった。モバイルファクトリーは、特に目新しい材料は浮上していないものの、ブロックチェーン関連の材料を焼き直す形で短期資金の物色の矛先が向かっているようだ。

ほか、10月12日に第2四半期決算を発表予定のブロッコリー<2706>が反発し、ミクシィ<2121>やガンホー<3765>など主力株の一角もしっかり。

半面、ボルテージ<3639>やアカツキ<3932>、LINE<3938>などの下げがきつく、スクウェア・エニックスHD<9684>やサイバーエージェント<4751>も売られた。サイバーエージェントは、JリーグクラブのFC町田ゼルビアの買収が短期的には先行投資負担となるのでは、との見方が市場の底流にあるもようだ。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( サイバーエージェント

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事