18年6-8月決算、エスケイジャパンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > SKジャパン、第2四半期の営業益は212%増の4億4600万...

SKジャパン、第2四半期の営業益は212%増の4億4600万円と大幅増 「星のカービィ」や「忠犬もちしば」など定番キャラが好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エスケイジャパンは、本日(10月12日)、第2四半期(3月~8月)を発表し、売上高33億7200万円(前年同期比38.0%増)、営業利益4億4600万円(同212.0%増)、経常利益4億4800万円(同209.5%増)、最終利益4億0300万円(同163.2%増)だった。クレーンゲームなどの景品の販売が好調に推移したとのこと。

 


事業セグメント別の状況は以下のとおり。

<キャラクターエンタテインメント事業>
売上高23億9800万円(同59.8%増)、営業利益3億7900万円(同281.7%増)だった。商業施設での「クレーンゲーム」の好調さに支えられ、「星のカービィ」「シャクレルプラネット」「忠犬もちしば」等の定番キャラクターが引き続き好調に推移した。加えて積極的に新規キャラクター版権の取得とその商品化を行なった。


<キャラクター・ファンシー事業>
売上高9億7300万円(同3.4%増)、営業利益6600万円(同53.4%増)だった。一部の定番キャラクター商品についてはやや苦戦したが、自社オリジナルキャラクターの「忠犬もちしば」に加え「星のカービィ」「ポケットモンスター」といったゲーム関連キャラクター商品とオリジナル商品であるバスボール(フィギュア入り入浴剤)が好調だった。


 
■2019年2月期の見通し

続く2019年2月通期は、売上高62億円(前期比15.1%増)、営業利益5億8000万円(同76.6%増)、経常利益5億8000万円(同74.9%増)、最終利益5億円(同0.1%減)を見込む。従来予想に比べて、売上高を5億5000万円、営業利益と経常利益を3億1000万円、最終利益を2億7000万円それぞれ引き上げた。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年6-8月決算エスケイジャパン

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事