18年7-9月決算、ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ドリコム、2Q業績予想の修正を発表…新作IPゲームアプリの不...

ドリコム、2Q業績予想の修正を発表…新作IPゲームアプリの不振で売上、営業益ともに下ブレ 新株予約権戻入れによる特別利益で最終益は赤字幅縮小

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ドリコム<3793>は、10月25日、2019年3月期の第2四半期累計の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想59億円から55億6000万円(増減率5.7%減)となり、営業損益は同5億5000万円の赤字から5億8000万円の赤字、経常損益は同7億5000万円の赤字から8億2000万円の赤字に赤字幅が拡大した。一方で最終損益については、従来予想の7億5000万円の赤字から6億6000万円の赤字に赤字幅が縮小している。
 

新規IPゲーム開発に際して第2四半期での計上を見込んでいた売上が開発スケジュールの変更から未計上となったこと、および6月にリリースされた新作IPゲームアプリがリリース直後の水準を維持できず想定を下回る推移となったことで、売上高は予想を下回る見通しとなった。その減収の影響を既存IPゲームアプリの運用効率化などによるコスト抑制ですべて補うことはできず、営業損益と経常損益に赤字幅が拡大した。

なお、最終損益の赤字幅縮小しているのは、第14回および第15回新株予約権者からその権利を放棄したい旨の申し出があり、この新株予約権戻入れによる利益を特別利益として1億3000万円計上したことによるものとなっている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年7-9月決算ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高131億9200万円、営業利益1億9000万円、経常損益2900万円の赤字、最終損益2億0400万円の赤字(2018年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事