18年7-9月決算、コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【コロプラ決算説明会②】「『パニパニ』などFY17タイトルが...

【コロプラ決算説明会②】「『パニパニ』などFY17タイトルが不振」(馬場社長) 今期は「新たな遊び方の提案」を行う新作など6本をリリース予定

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コロプラ<3668>は、11月7日、2018年9月期の連結決算を発表するとともに、東京都内で決算説明会を開催した。同日発表した2018年9月期の決算は、売上高457億円(前々期比12.4%減)、営業利益69億円(同46.2%減)、経常利益60億円(同52.7%減)、最終利益41億円(同51.8%減)となった。

決算説明会では、同社の馬場社長(写真)がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。その内容も踏まえつつ、会見の様子をまとめてみた。
 

■『白猫PJ』周年効果でQonQは大幅増収増益に 通期計画の未達は新作の不振が影響


まずは業績を四半期推移(QonQ)で見ると、第4四半期期間(7~9月)の売上高は127億円(前四半期比34.1%増)、営業利益は18億円(同116.3%増)、経常利益14億円(同105.1%増)、最終利益11億円(同153.7%増)と増収増益となった。これは、同社の主力タイトルである『白猫プロジェクト』(以下『白猫PJ』)の4周年イベントが成功したことが主な原動力となっている。
 

ただし、通期実績をあらためて計画対比で見てみると、売上高で8.5%の未達、営業利益で13.1%の未達となっている。その要因について馬場社長は、新作のリリース遅延のほか、「『パニパニ』などFY17タイトルが不振だった」ことを上げていた。なお、会社側の売上予算の達成率では、既存タイトルは98%と堅調だったものの、新作タイトルは62%にとどまっているとのこと。
 

次に費用面を見てみると、広告宣伝費がQonQで69.1%、YonYでも7.3%の増加となっている。これは前述の『白猫PJ』の周年イベントに合わせたプロモーションを実施したことによるものとなっている。また、外注費がQonQで28.7%、YonYで7.3%増加しているが、これは開発中のプロジェクトが増加しているためだという。
 

なお、従業員数の推移については、期末時点で前四半期比3名の増加とほぼ横ばいの推移となっている。
 
 

■新作で「新たな遊び方」を提案へ 今期は「バクモン」含む6本の新作をリリースへ


次にリリース時期別等売上推移を見ると、『白猫PJ』を含むFY14ものが大きく売り上げを伸ばしたほか、新作『DREAM!ing』は8月9日にリリースされたFY18ものもFY16ものと同規模まで売り上げを回復する結果となった。

一方で前述のFY17ものに加え、FY15ものの売り上げが縮小している。
 


新作の開発状況については、パイプラインの数は前回の第3四半期決算と変わらず、FY19(2019年9月期)が6本、FY20(2020年9月期)は5本の新作がリリースに向けて開発が進められている。ちなみにFY19ものについては、『バクレツモンスター』を既に10月17日にリリース済みで、残り5本のリリースが計画されている。

【関連記事】
コロプラ、対戦型アクションゲーム『バクレツモンスター』のサービス開始! 簡単操作で爽快アクションが楽しめる!

FY20ものについては、前回は2本あった他社IPタイトルが1本に変更されており、若干開発計画に変更があったようだ。

また、具体的な内容は明らかにしていないものの、「新たな遊び方の提案」を行う新作を開発中であるとのこと。これは、FY19ものの新作に含まれているもよう。ちなみに収益モデルは「新しい遊びの提案でも変わらない」(馬場社長)とし、ガチャを使った収益モデルで開発が進められているとのこと。
 

海外展開については、7月26日より、『プロ野球バーサス』の繁体字版を台湾・香港・マカオにて配信開始している。

【関連記事】
コロプラ、『プロ野球バーサス』の繁体字版が台湾・香港・マカオにて配信開始 配信は台湾Cayenne Entertainment Technologyが担当
 

今回の決算では、VRの展開状況にも触れており、ハイエンド端末向けのコンシューマータイトルの開発は先日リリースしたSteam向け『TITAN SLAYER Ⅱ』のように継続して行っているという。
 
 

■新作による業績変動を踏まえて今期予想は非開示に “第4の柱”を生み出すことに意欲


なお、2019年9月期通期の予想については、予定している新作が6本と多く、蓋然性の高い会社予想を開示することは困難とし、予想を非開示としている。

馬場社長は「既存タイトルは安定している。新作のヒットをいかに生み出すかが課題」とし、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『白猫PJ』『白猫テニス』に続く“第4の柱”を生み出すことに意欲を示していた。
 
(編集部:柴田正之)

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ18年7-9月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事