18年7-9月決算、フォーサイドに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > フォーサイド、18年12月期の業績予想を下方修正 最終を4億...

フォーサイド、18年12月期の業績予想を下方修正 最終を4億5000万円の赤字に ビットコイン相場の低迷でマイニングマシンを全額減損

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォーサイド<2330>は、2018年12月通期の連結業績予想を下方修正し、営業収益38億4000万円(前回予想40億8400万円)、営業損益1億5000万円の赤字(同1億5000万円の黒字)、経常損益1億3000万円の赤字(同1億5000万円の黒字)、最終損益4億5000万円の赤字(同5100万円の黒字)だった。

 


ブレイクのプライズ事業が好調に推移しているものの、仮想通貨マイニング事業で仮想通貨市場の環境の変化に起因した収益予想の見直しを行なったことや、フォーサイドメディアのオリジナルグッズ受注生産販売通販サイト「宝祭堂」のサービス開始遅延、スマートフォン向けゲームアプリ「夢界物語」のサービス開始遅延により収益予想の見直しなどが影響した、としている。

特に仮想通貨マイニング事業については、ビットコイン相場の価格低迷とマイニング報酬の減少により当初計画していた売上が見込めず、今後の仮想通貨市場の先行き不透明等を考慮した結果、フィンテック関連事業で取得した固定資産(マイニングマシン)の全額を減損し、減損損失として2億6200万円の特別損失を計上することにしたという。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年7-9月決算フォーサイド

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事