18年7-9月決算、AppBankに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > AppBank、第3四半期は24%減収・赤字幅縮小…ストア事...

AppBank、第3四半期は24%減収・赤字幅縮小…ストア事業の採算改善、メディアは引き続き苦戦

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
AppBank<6177>は、11月13日、第3四半期累計(1~9月)の連結を発表し、売上高10億2900万円(前年同期比24.4%減)、営業損益2億2000万円の赤字(前年同期2億4300万円の赤字)、経常損益2億2200万円の赤字(同2億4700万円の赤字)、最終損益2億5600万円の赤字(同3億2300万円の赤字)と減収・赤字幅拡大となった。

 


ストアで不採算店舗の閉鎖や販管費の圧縮、常設店舗の損益改善などが奏功し、赤字幅が縮小した。他方、メディア事業は純広告と広告プラットフォームの不振で減収となったほか、新規事業の開発費を計上したことが響いた。「マックスむらいチャンネル」については、反響の多いコンテンツのシリーズ化により視聴回数は回復傾向にあるとのこと。

2018年12月通期は、売上高14億5000万円(前期比20.7%減)、営業損益3億4900万円の赤字、経常損益3億5200万円の赤字、最終損益3億8200万円の赤字を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( AppBank18年7-9月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事