IdentityⅤ 第五人格、NetEase Gamesに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームキャンペーン記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NetEase Games、『IdentityⅤ 第五人格』...

NetEase Games、『IdentityⅤ 第五人格』で新ハンター・狂眼が登場 仕掛けや建築に精通している専門家でサバイバーを囲い込む!!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

NetEase Gamesは、11月29日、『Identity V 第五人格』で、新ハンター・狂眼が登場を発表した。

新ハンター・狂眼はただの老人に見えるが、実は仕掛けや建築に精通している専門家であり、容易く四面の壁を生成し、サバイバーを囲い込んでしまう。「ハンターの中でも、一番手強い相手になるかもしれない」と、同社は説明している。

■監視と監禁 遠距離制御でサバイバーを苦しめる
 

 
前回リリースした写真家を始め、未来に登場するハンターはますます職業性や専門性が高くなる傾向が見られる。メンテナンス後に追加される、S3真髄2宝箱にて先行して開放できる新ハンター・狂眼も、実は建築家をモチーフにデザインしたキャラクターとなる。真髄宝箱で狂眼のUR衣装「烈火の怒」を当てると、キャラを一週間先行して使用することができる(ランク戦及び協力狩りモードを除く)。
 
 
彼は美しい外観を全く持たない、ただの落ちぶれた老人に見えるが、そのか弱そうな体を侮ってはいけない。何故なら、狂眼はサバイバーに触れずとも、遠くからダメージを与えることができるからだ。






 
■狂眼バルク 荘園の建造者  

バルク・ラ・パドラはとある建築家の長男だった。小さい頃から父親のデザイン図で遊び、ギミックを作るツールが彼のおもちゃだった。そんな彼は、若くして名の轟く建築デザイナーとなり、仕掛けの設計や使用に優れていた。ある日、彼の元に夫婦を名乗る二人が現れた。バルクは当時まだ荒れ果てていたエウリュディケ荘園に向かい、修繕と増築の仕事を引き受けることになる。しかし建造作業が進むにつれ、この変わり者建築家は自分の悪趣味・ギミックを荘園の至る建築物に内蔵させた。噂によると、荘園に不思議な事件が起き始めた時も、彼は一刻も休まず、荘園で新たなギミックを仕掛けていたらしい…
 
 
・基本外在特質及びスキル

ハンター・狂眼は、またもや全く新しい特徴の持ち主となる。他のハンター達は例えどんな特殊能力を持っているとしても、最終的にはサバイバーを追撃しなければダメージを与えることができない。しかしバルクなら、遠くからすべてを操ることができ、千里の距離を置いても勝利を手にすることができてしまうのです。では、彼の外在特質とスキルを見ていこう。開始から持つ外在特質は3つある。

【制御台】

バルクは制御台の完全な権限を持ち、フィールド上の制御台を自由に操作し、任意の監視装置を操縦することができる。サバイバーは制御台を解読でき、完了すると制御台の一部権限を持ち、より多くのエネルギーを消費してそのエリアの監視装置を操縦することができる。サバイバーが制御台を操作している間、バルクはそのエリアの制御台を操作し、範囲内の監視装置を操ることはできない。

【監視装置】

各制御台の管理エリアに一台の監視装置が存在し、レバーを動かすことでエリア内で監視装置を素早く動かすことができる。監視装置の視野範囲内で装置画面をスライドすると、地表に仕掛け壁が生成される。生成した仕掛け壁の数が増えるにつれ、消費するエネルギーが高くなる。

【仕掛け壁】

仕掛け壁が上がる瞬間、付近のサバイバーに通常攻撃の0.5倍相当のダメージを与え、仕掛け壁が存在している間にサバイバーが乗り越えると、一回の通常攻撃相当のダメージを受ける。仕掛け壁は一定時間存在する。未解読の暗号機、電源スイッチを入れた脱出ゲートやサバイバーを乗せたロケットチェアは、付近の仕掛け壁の消失速度を上げる。


存在感アップにつれ、解放される実態能力は二つあります:

【制御端末】

バルクは制御端末で直接監視装置を操作することができるが、より多くのエネルギーを消費する。

【オーバークロック】

スキル開放後、監視装置操作画面内で使用でき、この監視装置の仕掛け壁の設置クールタイム及びエネルギー消費を大幅に低下させることができる。しかし過負荷状態で使用した後の一定時間、この監視装置はエネルギーを回復しない。
 
 

・監視装置で逃げ道を封鎖
 

制御台を使うと全マップの監視装置の視野を獲得できる

狂眼の外在特質と実態能力を総合的に分析すると、彼のメイン能力は監視装置でフィールドを隅々まで制御することができ、監視範囲内に仕掛け壁を生成させ、サバイバーに通常攻撃の0.5倍相当のダメージを与えるほか、逃亡の立ち回りを制限することもできるという点になるだろう。

もちろん、自由自在にすべてを操るのも容易ではありません。監視装置の操作に慣れていなければならないだけでなく、マップにどれ程詳しいかも狂眼の勝利に繋がるポイントとなる。仕掛け壁の使い方を完璧に会得し、効率よくサバイバーの逃げ道を塞ぐのが狂眼の必殺技。このキャラを選んだハンターの皆さん、是非彼を使いこなし、制御する力を体感してみよう。
 
 
仕掛け壁が上がると、サバイバーにダメージを与える他、行き先を阻むこともできる


・全世界同時リリース!「柴之助」がお供する
 

今週のメンテナンス後、新しいハンターが追加されるほか、探偵の皆様が期待を寄せているもう一つのコンテンツ・新ペット「柴之助」が全世界同時リリースされることが決定した。あなたの逃亡を常に見守ってくれて、険悪な状況でも緊張する心を癒してくれた彼の姿は、きっと皆さんに強い印象を与えてきたことだろいう。

そして今、もう一つの癒し・「柴之助」が皆さんの荘園生活に加わることになった。ぽやーっと可愛い彼の笑顔を見るだけでも、心から笑みが浮かぶこと間違いなしです!「柴之助」は幻像ホールにて購入することができる。

 
■『IdentityⅤ 第五人格』

App Store

公式サイト

公式Twitter



©2018 NetEaseInc.All Rights Reserved

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( IdentityⅤ 第五人格NetEase Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事