ネクソンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(12/21)】中国でのゲーム審査再開報道でネ...

【ゲーム株概況(12/21)】中国でのゲーム審査再開報道でネクソンやBOIが買われる エクストリームは3000円大台割れ ブランジスタは安値更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
12月21日の東京株式市場では、日経平均株価は4日続落となり、前日比226.39円安の2万166.19円で取引を終えた。米国のマティス国防長官が来年2月で退任することが決定し、今後さらに米国の政策が強硬路線に進むのではとの懸念から国外、国内ともに売り物が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ネクソン<3659>が後場に入って急騰した。ネクソンは、中国当局によるゲーム審査が再開されたと伝えられたことが追い風として働いているようだ。同様に中国での審査停止時に株価が影響を受けたカプコン<9697>やスクウェア・エニックスHD<9684>も買われた。

また、11月29日に中国国営企業の上海東方明珠文化発展有限公司と『幻獣契約クリプトラクト』と『ミトラスフィア-MITRASPHERE-』の中国本土での配信を前提とした、独占ライセンス契約を締結しているバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>も先行きの展望が開けたとの見方から買いを集めたもよう。

半面、エクストリーム<6033>が大幅安し、終値ベースで3000円の大台を割り込んだほか、サイバーエージェント<4751>やボルテージ<3639>、ガーラ<4777>などの下げもきつい。

ブランジスタ<6176>は続落し、年初来安値を更新した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( バンク・オブ・イノベーション(BOI)ネクソン

企業情報(株式会社ネクソン)

会社名 株式会社ネクソン
URL http://www.nexon.co.jp/
設立 2002年12月
代表者 オーウェン・マホニー
決算期 12月
直近業績 売上収益2349億円、営業利益905億円、最終利益567億円(2017年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3659

企業情報(株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI))

会社名 株式会社バンク・オブ・イノベーション(BOI)
URL http://www.boi.jp/
設立 2006年1月
代表者 樋口智裕
決算期
直近業績 売上高50億5200万円、営業利益5億2700万円、経常利益5億900万円、最終利益3億6300万円(2018年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事